えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

聖堂の近くを過ぐる
せいどうのちかくをすぐる
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「今野大力作品集」 新日本出版社
1995(平成7)年6月30日
初出「旭川新聞」1924(大正13)年3月29日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-03-20 / 2015-02-17
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


ポプラの梢の空高く大空を指さして
厳かな聖き自然の力を表わす
幹はだの荒くれた並木の下に
ヘブライ文化の主流である
キリスト教の教会堂が建っている
私は毎日その近くを過ぎる
そして神秘な古典の物語りを思い出し、ありし昔の日の幾多重ねた争闘の人間に与えし歴史を憶う……
人間と言う極まりない霊魂の所有者はかくして永遠に
血を浴びて闘わねばならないか
宇宙の覆滅
人類の滅亡
ああその日まで
どんな歴史を作るであろう
今朝公会堂の前にはこすばかり
疲れしけものの野心なき眠りの如くに
ほんのりと軟かな雪が積もっていた
そして未だ誰も蹴散らしたものもなく
純白なよどみのない曲線を持ったそれこそここにはふさわしい聖らかな美しさがあった



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko