えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

銭形平次捕物控
ぜにがたへいじとりものひかえ
副題090 禁制の賦
090 きんせいのふ
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「錢形平次捕物全集第十六卷 笑ひ茸」 同光社磯部書房
1953(昭和28)年9月28日
初出「オール讀物」文藝春秋社、1939(昭和14)年7月号
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者門田裕志
公開 / 更新2014-02-19 / 2014-09-16
長さの目安約 26 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より



 笛の名人春日藤左衞門は、分別盛りの顏を曇らせて、高々と腕を拱きました。
「お師匠、このお願ひは無理でせうが、亡くなつた父一色清五郎から、お師匠に預けた禁制の賦、あれを吹けば、人の命に拘はるといふ言ひ傳へのあることも悉く存じて居りますが、お師匠の許を離れる、この私への餞別に、たつた一度、此處で聽かして下さるわけには參りませんでせうか」
 一色友衞は折入つて兩手を疊に突いて、斯う深々と言ひ進むのです。春日藤兵衞に取つては、朋輩でもあり、競爭者でもあつた一色清五郎の忘れ形見、一時は酒と女に身を持ち崩しましたが、近頃はすつかり志を改めて、藝道熱心に精進し、今度は愈々師匠藤左衞門の許を離れて、覺束ない乍らも一家を興さうとしてゐる男でした。取つて二十七、少し虚弱で弱氣ですが、笛の方はなか/\の腕前で、もう一人の内弟子の、鳩谷小八郎と、孰れとも言はれないと噂されました。
「一々尤も、お前の言葉に少しの無理もない。が、『禁制の賦』は三代前の一色家の主人、一色宗六といふ方が、『寢取り』から編んだ世にも怪奇な曲で、あれを作つて間もなく狂死したと言はれる。その後あの曲を奏する毎に、人智の及ばぬ異變があり、お前の父親一色清五郎殿が、嚴重な封をしてこの私に預けたのだ。流儀の奧傅祕事、悉くお前に傅へた上は、あの『禁制の祕曲』も還しても宜いやうなものだが、何んと言つても、まだ三十前の若さでは、萬一の過があつては取返しがつかぬ。決してあの曲を憎むわけではない、せめてあと三年待つがよからうと思ふがどうだ」
 春日藤左衞門は道理を盡して、斯う言ふのです。
「よく判りました、お師匠。でも、私のやうな若い者には、笛を吹いて祟があるといふことは受け取れません。それはほんの廻り合せか、吹く人の心構への狂ひから起つた間違ひでございませう。それに私は自分の未熟もよく存じて居ります、『禁制の祕曲』をこの私に渡してくれといふやうな、そんな大それた事は申しません。たつた一度で宜しうございます。後學のために、お師匠の許を去るこの私に、一色家に傅はる祕曲を、吹いて聽かして下さればそれで堪能するのでございます」
「――」
 藤左衞門は口を緘んで友衞の後の言葉を待ちました。
「禁制の曲に魔がさすと言ふのは、夜分人に隱れて、そつと吹くからでございませう。一日中で一番陽氣の旺んな時、例へば正午の刻と言つた時、四方を開け放ち、皆樣を銘々のお部屋に入れ、火の元の用心までも嚴重に見張つて、心靜かに奏したなら、鬼神と雖も乘ずる隙が無いことでせう」
 一色友衞は、藝道の執心のために、どんな犧牲でも忍び兼ねない樣子でした。
「いかにも尤も、――それほど迄に言ふなら、この祕曲の封を解いて、お前にも聽かせ、この私も心の修業としよう」
 春日藤左衞門は到頭折れました。この話の始まつたのは丁度辰刻半(九時)それから準備を整へ、正午刻少…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko