えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

詩論
しろん
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「新編中原中也全集 第四巻 評論・小説」 角川書店
2003(平成15)年11月25日
入力者村松洋一
校正者noriko saito
公開 / 更新2015-10-22 / 2015-09-01
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


L'art, mes enfents, d'[#挿絵]tre en soi-meme! Paul Verlaine

 芸術とは、喩へば金鉱発掘の如きものだ。金鉱を発掘する人は、親や妻子より遠く、山中に分け入るのだ。そのやうに、芸術とは、自分自身に忠実であることだ。
 何を描くべきか?――描くべき何物もない! 芸術とは、自分自身の魂に浸ることいかに誠実にして深いかにあるのだ。即ち自分自身であるための誠実が自らなる基準となつて、折にふれて歌ひたくなるものの謂である!
 自分自身であるといふことは、嘘をつかないことであり、自分自身であることは意志的であることである。
 そして人が、自分自身であること、徒らに迎合的でないことではないか? かの造型性とは!
 智識でも慈善事業でも其の他何物でもない、断じてない!
 芸術とは、自我を愛することの、誠実であることの、褒賞である!
“L'art, mes enfents, d'[#挿絵]tre en soi-meme!”

(生きるとは、自我を愛することである!)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko