えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

庭園の雨
ていえんのあめ
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「白秋全集 3」 岩波書店
1985(昭和60)年5月7日
入力者岡村和彦
校正者フクポー
公開 / 更新2016-11-13 / 2016-09-09
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


松の葉の青きに
しとしとと雨はふる。
凄まじき暴風雨の後に
針のごと雨はふる。

色黄なる毛虫は
土に沁みつき、
月見草は
萎れて白し。

桐、樅、無花果、
人工の盆栽の梅、
犯されし小娘か、みな、
泣き伏して声もなし。

しとしとと雨はふる。
浜の砂庭に吹き散り、
陸橋の下には
傷つきし犬瞳を凝らす。

あまりにも静かなり、ただ、
腹切りし苦しさに
肩衣をはねのけし瀬尾、
その青き松の震慄。

かくて、わが終日、
針のごと雨はふる。
海見ゆる涼台の破風に
光り、かつ、をぐらく。

雨はふる、しとしとと、
雨はやむ、またしばし、
夕されば血の如き虹
遂にまた海と空とに。



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko