えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告


ひきがえる
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「白秋全集 3」 岩波書店
1985(昭和60)年5月7日
入力者岡村和彦
校正者フクポー
公開 / 更新2016-11-13 / 2016-09-09
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


夏の昼間の
ひきがへる、
そなたは、なんで
さびしいぞ。

白い女の
指さきで、
刺され、突かれて
うれしいか。

夏の昼間の
ひきがへる、
海鼠色した
ひきがへる。

金の指輪に、
肢が切れて、
血でも出したら
何とする。

夏の昼間の
ひきがへる、
海鼠色した
ひきがへる。



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko