えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

一年の計
いちねんのけい
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「佐々木邦全集 補巻5 王将連盟 短篇」 講談社
1975(昭和50)年12月20日
初出「面白倶楽部」1926(大正15)年1月
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者POKEPEEK2011
公開 / 更新2015-09-22 / 2015-08-02
長さの目安約 14 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 片岡君は又禁酒を思い立った。
 思い立つ日が吉日というが、片岡君は然う右から左へ埒を明けたがらない。思い立ってから吉日を探し当てるまでに可なり手間がかゝる。
「今から禁酒しても来月は小杉君が洋行するから送別会がある。俺は一番懇意だから何うしたって発起人は免れない」
 なぞと言って、兎角大切を取る。
「あなたのような方は身投げの決心をしても大丈夫でございますわね」
 と細君が冷かす。
「何故?」
「何故って、こんな深いところじゃ迚も助かるまいって先ずお考えになりますわ」
「然うかも知れない。未練があるのさ。子供がないんだから、酒でも飲まなくちゃね」
「ですから是非おやめなさいとは申上げませんよ。適度に召上ったら宜しいじゃございませんか?」
「その適度がむずかしいから一思いにやめようと言うのさ」
「それならおやめなさいませ」
「やめるよ。小杉君の送別会を切っかけに断然やめる」
 と力んだのは数月前のことだったが、その小杉君がアメリカへ着かない中にもう撚りが戻って、又やめる必要を認めたのである。片岡君は年に三四回思い立つ。そうして吉日を定めるのに暇が要る代り、後は極めて手っ取り早い。精々一週間だ。二週間と禁酒が続いたことはない。
 しかし今回は細君も適度のむずかしいことを承知する理由があったので、
「然う決心して下されば、私も何より安心でございますわ」
 と全然悃願的態度を取った。片岡君は禁酒から禁酒までに必ず溝へ落ちる。今度のはそれが少し念入りだったのである。身投げの決心をしても大丈夫なことは細君の保証するところだが、酔っていてお濠へ落ちたのだから危かった。深い浅いを考える余裕がなければ死んでしまうかも知れない。
「未だ決心した次第でもないんだ」
 と片岡君、今回は決心からして手間を取るようだった。
「この間のようなことがありますと、私だって黙っていられませんよ」
「俺もそれを考えているのさ。あれが人通りのないところだったら確かに死んでいる。揚げて貰うまでに相応水を呑んだからね。しかしあの時死んだと思えば、これから先の命は只儲けだとも考えられる」
「人が本気で申上げていれば、あなたは管を巻いていらっしゃるのね?」
「勝手にしろと来たか?」
「いゝえ、然うは申上げられませんよ。それは、あなたはお好きなお酒と心中なされば御本望でございましょうが、後で私が困りますよ。貯金は碌すっぽないし、保険には入って下さらないし、何う致します? お嫁に行きたくたって三十五にもなっちゃ貰って下さる方はありませんよ」
「ツケ/\物を言う女だなあ」
「せめて二三万なくちゃ死んで戴けませんよ」
「二三万円あれば殺す気だな?」
「殺しもしませんが、死んでも困りませんわ」
「金の代りに生きているようなものだね。よし/\、済しくずしに天命を完うする算段をするさ。いよ/\真実にやめるかな」
「今…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko