えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

一本刀土俵入 二幕五場
いっぽんがたなどひょういり にまくごば
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「長谷川伸傑作選 瞼の母」 国書刊行会
2008(平成20)年5月15日
初出「中央公論」1931(昭和6)年6月号
入力者門田裕志
校正者雪森
公開 / 更新2018-03-15 / 2018-02-25
長さの目安約 49 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より

〔序幕〕 第一場 取手の宿・安孫子屋の前
     第二場 利根の渡し
〔大詰〕 第一場 布施の川べり
     第二場 お蔦の家
     第三場 軒の山桜


駒形茂兵衛   老船頭    筋市
お蔦      清大工    河岸山鬼一郎
船印彫辰三郎  お君     酌婦お松
船戸の弥八   いわしの北  同 お吉
波一里儀十   籠彦     博労久太郎
堀下げ根吉   おぶの甚太
伊兵衛・女房おみな・料理人・帳付け・通りがかりの人々・近所の人々・赤金の升・盆持ちの良・渡しの船夫・渡しの客・子守子(一・二)・八公・買物の男女・そのほか。
[#改ページ]


〔序幕〕




第一場 取手の宿・安孫子屋の前

常陸の国取手は水戸街道の宿場で利根を越えると下総の国。渡しはそこの近くにある。
取手の宿場街の裏通りにある茶屋旅籠で安孫子屋の店頭は、今が閑散な潮時外れである。それは秋の日の午後のこと。

(安孫子屋は棟の低い二階建で、前と横とがT字型に往来になっている。角店のこの家は突ッつきが広い土間、その他は外から余り見えない。階下と二階の戸袋は化粧塗りの、漆喰細工で、階下は家号を浮きあがらせた黒地に白、二階は色漆喰の細工物で波に日の出)
(安孫子屋の角柱の処に菊の鉢が一つ置いてある。外側の窓の脇に榎の老木があり竹垣を四方に結ってある。その中で秋草が少し咲いている)
(二階は三尺障子が閉まっている)
店の前に料理人、帳付け、酌婦お吉、お松、その他が立って、道路の向うでしている喧嘩の方を見ている。そっちの方から喧嘩する男の声が聞えているが、だれの眼にもまだ見えていない、二階では近在からきている放蕩者が、酌婦を相手に遊んでいると見え、三味線の爪弾きの音が聞える。

料理人 (爪先立ちをして喧嘩の方を見る)
お吉  (料理人に)見える。
料理人 うンにゃ見えねえ。
お松  (少し酔っている)こんな時はのッぽが得だと思ったらそうでもないんだね。
料理人 何をいやがる。おッ、人が出てきた。
お松  まさか鬼は出てきッこないさ。
帳付け お松どんお前また酔ってるな。酔うもいいがお前のは質がよくないからなあ。やあ、人がみんな押し出されたように横町から出てきたぞ。
子守子 (息せき走ってくる)
料理人 あれッ雪崩を打って人が――あ、駈ける、みんな駈けてこっちへ来る。
お吉  (子守子を捉まえそうにして)だれが喧嘩してるんだい。
子守子 船戸の弥あ公なんだよ。
お松  えッ、弥八の奴また喧嘩か、仕様のない男だねえ、あれと来ちゃあ。
帳付け お松どんそんなことを当人の前でいうじゃないぜ、頭を半分ブッ欠かれるか知れないからなあ。
お松  いくらあたしだって、真逆あの無法者の前じゃ、迂闊に口を听きやしませんよ。お蔦さんのいい草じゃないが、体をやくざに持扱ってしまっても、まだこれで命…

えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko