えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

黄金豹
おうごんひょう
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「黄金豹/妖人ゴング」 江戸川乱歩推理文庫、講談社
1988(昭和63)年4月8日
初出「少年クラブ」大日本雄辯會講談社、1956(昭和31)年1月号~12月号
入力者sogo
校正者茅宮君子
公開 / 更新2017-08-10 / 2017-07-23
長さの目安約 157 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より

まぼろしの豹
 東京都内に、『まぼろしの豹』があらわれるという、うわさがひろがっていました。
 ある月の美しい晩、ひとりの中学生が、お友だちのうちからの帰り道に、大きな西洋館の前にさしかかりました。
 さびしい町ですから、まだ九時ごろなのに、まったく人通りがありません。空には、満月にちかい月が、こうこうとかがやいています。ひくいコンクリートの塀をへだてて、西洋館の屋根が、月の光をうけて、まっ白に光っているのが見えます。
 その屋根の上を、一ぴきの大きなネコが、のそのそと歩いていました。
「オヤッ、なんて、でっかいネコだろう。」
 中学生はびっくりして、立ちどまりました。
 そいつは屋根の上を、だんだん、こちらへ歩いてきます。ふつうのネコの十倍もあるほど大きいのです。そしてふしぎなことには、全身が金でできているように、ピカピカ光っているのです。その金色のからだに、黒い斑紋が、いっぱいならんでいます。
「アッ、ネコじゃない。豹だッ!」
 中学生は、からだがしびれたようになって、逃げだすこともできなくなってしまいました。
 それにしても、なんという美しさでしょう。金色の豹は月の光をうけて、キラキラと、後光がさしているようです。
 屋根のはしまで歩いてきたとき、青く光る二つの目が、じっと、こちらを見つめました。
 中学生は、あまりの恐ろしさに、もう息もできないほどです。
 豹が、東京の町の中の、屋根の上をはっているなんて、夢にも考えられないことです。そのうえこいつは黄色でなく、金色に光っているのです。月の光のせいではありません。たしかに金色なのです。黄金の豹です。お化けの豹です。
 そのとき、西洋館の屋根のはしから、スーッと金色の虹がたちました。豹が庭へ飛びおりたのです。
 それはコンクリート塀の中なので、しばらくは、ようすがわかりませんでしたが、やがて、すかしもようの門の、鉄の扉のむこうに、キラキラ光るものがあらわれました。
 アッと思うまに、その金色の怪物は、門の扉をのりこして、のそのそと、こちらへやってくるではありませんか。
「ワアッ……。」
 中学生は、恐ろしい悲鳴をあげて、そこへたおれてしまいました。今にも豹がとびかかってくるだろう。そして、胸の上に前足をかけて、あんぐりと、かみついてくるだろうと、もう、生きたここちもありません。
 しかし豹は、たおれている中学生には見むきもせず、その横を通りすぎて、むこうの町かどへ消えてしまいました。
 ちょうどそのとき、はんたいの方から、あわただしい靴音がして、ひとりの警官がかけつけてきました。さっきの中学生の叫び声を聞きつけたからです。
「どうしたんだ。しっかりしたまえ。」
 警官は中学生をだきおこして、わけをたずねました。
「豹です! 大きな豹が、いま、あっちへ……。」
 中学生は、ふるえる手で、むこうの町かどを指…

えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko