えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

編輯室より
へんしゅうしつより
副題(一九一五年三月号)
(せんきゅうひゃくじゅうごねんさんがつごう)
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「定本 伊藤野枝全集 第二巻 評論・随筆・書簡1――『青鞜』の時代」 學藝書林
2000(平成12)年5月31日
初出「青鞜 第五巻第三号」1915(大正4)年3月号
入力者酒井裕二
校正者雪森
公開 / 更新2017-01-28 / 2017-01-15
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


□毎月校正を済ますとほつとしますけれども直ぐ後からいら/\して来ます。何故こう引きしまつたものが出来ないのだらうと情なくなつてしまひます。自分の無能が悲しくなります。でも兎に角出来る丈けよくしたいと努力はしてゐます。二ヶ月三ヶ月と進んでゆくにしたがつてだん/\苦しくなつて来ます。然し私は何時迄も/\その苦しみに堪へてゆかうと思ひます。
□前号この欄に私が生田花世さんが雑誌を出されるといふことに就いて一寸したムラ気からヒヤカシを書きましたら時事新報紙上でゼラシイからのけんかだと嘲笑されました。ウツカリ口のきけない世の中だとおもひました。
□今月はボンヤリしてゐたものですからすつかり何にも出来ないで日が経つて仕舞ひました。生田長江氏の「超人の哲学」、阿部次郎氏の「三太郎の日記」は来月号できつと紹介いたします。あしからず。
□障子社の展覧会が三日から七日迄向ふ五日間京橋区柳町東中通り(南伝馬町下車)画博堂で開かれます。真田久吉氏、埴原桑喜代氏、清水太助氏、奥村博氏の画が出品されます。
□白山の有朋堂で、模範原稿用紙を売り出しました。気のきいた中型の使ひいゝ原稿用紙です。
[『青鞜』第五巻第三号、一九一五年三月号]



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko