えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

編輯室より
へんしゅうしつより
副題(一九一五年七月号)
(せんきゅうひゃくじゅうごねんしちがつごう)
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「定本 伊藤野枝全集 第二巻 評論・随筆・書簡1――『青鞜』の時代」 學藝書林
2000(平成12)年5月31日
初出「青鞜 第五巻第七号」1915(大正4)年7月号
入力者酒井裕二
校正者雪森
公開 / 更新2017-04-10 / 2017-03-11
長さの目安約 3 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より

□先月号は風俗壊乱と云ふ名の下に発売を禁止されました。忌諱にふれたのは原田さんのらしいのです、他には何にもそんなのはありませんから。私は少しもそんなことを考へずに、可なりさうした考へが誰の頭にも浮ぶことを思つて立派な一つの問題を提供するものとしてのせました。けれども私は不注意な編輯者としてしかられました。けれども私は可なりあの堕胎とか避妊と云ふことについて男の人たちの意見は聞きました、けれども女の意見は聞きませんから知りたいと思つたのです、今でもその考へはあります。
□それで、私は早くからかういふことについても考へてゐたのです、此雑誌に出る作品は大抵何かしら問題をもつたものが一つや二つありますので、それを考へる方はまじめに考へられませうけれど気づかずに過すことが可なりあると思ひますので毎月前月号に出たものゝなかから、その出た月に、どれを問題にすると云ふことを極めておいて皆でいろんな方面から研究してこの次のか次の次のかで発表することにしたらと思ひます。それはたゞ一人々々でずん/\よんでおもしろかつたと云ふ丈けよりも更にもつといゝ何かしらを得ることになると思ひます、それで前号にも申ましたやうに八月は一月やすみまして九月の紀念号からしつかりしたものを出したいと思ひます。丁度いゝ機会ですから九月から初めやうと思ひます、それで九月号には堕胎避妊についてのお考へを成べく多数の方から伺ひたう御座います、これも前月に申ました日記や感想とおなじに、たゞもうお考へになつたことをそのまゝお書き下さればいゝのでしてどんなに永くても短かくてもかまひません、何卒読者諸姉のまじめなお考へを伺ひたいと思ひます。
□今迄は原稿の〆切がかなり後れましたが以後は十五日には屹度集めてしまひたいと思つてゐますから右の原稿をどうぞそのおつもりでお願ひいたします。但し此度は八月号をやすみますから七月一杯か、おそくも八月十日までにはお送りを願ひます、頁がふえますから印刷所にはやくまはさなければ間に合ひませんから。
□私は七月中旬迄には一度九州の実家へかへらうと思つてゐます。九月号の原稿は七月十日過ぎならば左の所あてにお願ひいたします。
福岡県糸島郡今宿村 伊藤野枝
□今月は先月の禁止の埋め合はせをするつもりでゐましたが廿日頃まではいろ/\な印刷所をかへたり何かする用事で原稿がかけないで廿日すぎてからは毎日のやうに気分がわるかつたり何かしてすつかりおくらして仕舞ひましたので何にも書けませんでした。九月号には七月一杯かゝりで少し立派なものを書きたいと思つて居ります。九月にはどうかしていゝ雑誌を出したいと思つてゐます。
□平塚明氏は四ツ谷南伊賀町四一にお越しになりました。
□可なり苦しい遣繰りをしてゐましたのに此度また発売禁止を喰ひましたので大分困つて居ります。購読費の切れた方は何卒お払ひ込み下さいますやうお願…

えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko