えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

編輯室より
へんしゅうしつより
副題(一九一四年一月号)
(せんきゅうひゃくねんじゅうよねんいちがつごう)
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「定本 伊藤野枝全集 第二巻 評論・随筆・書簡1――『青鞜』の時代」 學藝書林
2000(平成12)年5月31日
初出「青鞜 第四巻第一号」1914(大正3)年1月号
入力者酒井裕二
校正者雪森
公開 / 更新2016-11-18 / 2017-01-15
長さの目安約 6 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より

□「武者小路氏に」 十二月号白樺の誌上で私が「世間知らず」を軽蔑してゐるさうだとのことをお書きになつたのを拝見して私は本当に意外に存じました。本当に心外に思ひます。
 私は他人の作品に対して無暗とさう軽蔑したり悪く云つたりしたことは御座いません。何時でも私は自分で創作するときの気持や何かに思ひ合はせては他人のものを読んだり批評したりする時にはどんな小さなつまらないものに対しても相当の敬意を払ふことは忘れません。殊に私はもうずつと以前からあなたのお書きになるものは可なり深い注意と尊敬をもつて忠実に拝見して居ります。だのに私が「世間知らず」を軽蔑したなんと云はれることは本当に意外で御座います。
 私はC子氏に対しては仰しやる通りに或る侮蔑を持つて居ります。然しそれは、あなたには些の関係もないC子氏で御座います。私は「世間知らず」後のC子氏は存じません。「世間知らず」以前のC子氏に対しては到底多少の侮蔑の念を持たずにはゐられません。私にとつてはそのC子氏とくらべられることは本当に不快で御座いました。ですからその通りのことを書きました。然し今考へて見ますと私はその発表するときに僅かな不注意の為めにあなたに抗議を申込まれるやうなことを書きました。「動揺」の中に「白樺のM氏と可なり青鞜社でも迷惑を感じたC子氏との恋にくらべられたのは不快な気がした云々」と云ふのがそれです。あれを書きますときの私はかなり激してゐました。そして急ぎました。ですからさういふ局部々々に深い注意を払つてゐる余裕がなかつたので御座います。併し私がこうかきましてもあなたはそれが卑怯な言ひのがれか浅薄な弁解としかお思ひにならないでせう。でも事実はさうなので御座いますから――私の軽蔑するC子氏はあなたにも「世間知らず」にも関係がないことを御承知置き下さいまし。それからまたあなたは私とTのことについてお書き下さいましたが何のことだか私はその解釈に苦しみます。あなたは私共の生活についてあゝ云ふことを憚らず仰しやれるほどよく私共を御存じですか、私共の生活を御存知でゐらつしやいますか、私共の生活を知るものは私共二人きりで御座ひます。私はあゝ云ふことを書かれるのが一番不快です。それは丁度あなたが「世間知らず」を軽蔑してゐるとお聞きになつたときの不快さと同じだと私は存じます。屹度あなたは私に対して、「世間知らず」に表はれた事柄を本当に理解することも出来ないで軽蔑するなんて失敬だと云ふやうなおつもりだらうと存じます。だのに本当に解りもしない私共のことについて彼是仰しやればつまりはいたちごつこになつてしまふでは御座いませんか。
 それから「女らしくいゝ加減な処で考へを止めて置くから他人の心持ちに同感することが出来ないのだ」と云ふやうなこともあなたの感違ひから出てゐるのです。あなたは第一女と云ふものを軽蔑してかゝつてゐらつ…

えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko