えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

まほうやしき
まほうやしき
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「文庫の雑誌/ぼくらの推理冒険物語 少年探偵王 本格推理マガジン」 光文社文庫、光文社
2002(平成14)年4月20日
初出「たのしい三年生」講談社、1957(昭和32)年1月号~3月号
入力者sogo
校正者みきた
公開 / 更新2017-01-15 / 2016-12-09
長さの目安約 12 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より



 しょうねんたんていだんのなかで、いちばんからだが大きくて力の強い井上一郎くんに、小学校三年生のルミちゃんという、かわいい妹がありました。そのルミちゃんが、ある夕がた、ちんどん屋のあとについて、町はずれのさびしい森の近くまで行ってしまったのです。
 井上くんは、おかあさんにたのまれて、ちょうどそのとき、遊びに来ていた同じだんいんのノロちゃん(野呂一平くんのあだ名)とふたりで、方々さがしまわって、やっとルミちゃんを見つけましたが、ルミちゃんは、ちんどん屋のおじさんがおもしろいものを見せてやるというから、いっしょに行くのだといって、どうしても帰りません。
「きみたちにも見せてあげるから、いっしょにおいで。それはふしぎなおもしろいものだよ」
 とんがりぼうしをかぶり、だぶだぶのどうけふくを着て、かおにはまっ白なおしろいをぬったちんどん屋が、やさしくいいました。
 そして、三人は、町はずれの森の中の古い赤れんがのせいようかんへつれこまれたのです。みんなが、入口をはいってドアをしめると、中はまっ暗でした。
「あら、ちんどん屋さん、どこへ行ったの」
 ルミちゃんがさけびました。しかし、なんの答もありません。
 井上くんは、手さぐりでルミちゃんをさがし、その手をとりました。おくびょうもののノロちゃんは、井上くんのからだにしがみついています。すると、そのとき、むこうの方がぼうっと明るくなって、ちんどん屋のすがたがあらわれました。大きなまっかな口で、にやにやわらっています。
「さあ、これから、おもしろいものを見せてやるよ、えへへ」
 そういったかと思うと、ちんどん屋のすがたが、水のゆれるようにぼうっとかすんで、まるで、えいがの二じゅう写しのように、べつのものにかわってきました。そして、そこにあらわれたのは、黒いシャツを着た、せいようあくまのおそろしいすがたでした。
「きゃあっ」と、ひめいを上げて、さいしょににげ出したのは、ノロちゃんでした。井上くんもルミちゃんの手を引いて、入口へひきかえしました。しかし、入口のドアは、おしても引いても、あかないのです。いつのまにか、かぎがかかってしまったのです。
 ふりかえると、せいようあくまのからだに、またしてもふしぎなことが起っていました。あくまのからだが、足の方からとけるようにすうっときえていくではありませんか。そして、くびだけがのこって、ふらふらとくうちゅうにただよっているのです。しかも、そのくびが、口をあけて、けらけらとわらいだしたではありませんか。
 三人は、おそろしさに声も出ず、み動きもできなくなってたちすくんでいますと、このときとつぜん、ぱっとでんとうがついて、あたりが、ひるのように明るくなりました。あくまのくびは、もう、どこにも見えないのです。そこには、一まいのガラスの大きなドアがしまっていて、そのむこうは、一目で見え…

えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko