えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

朝に想い、夜に省みる
あさにおもい、よるにかえりみる
原題MORNING AND EVENING THOUGHTS
著者
翻訳者大久保 ゆう
文字遣い新字新仮名
入力者大久保ゆう
校正者
公開 / 更新2015-11-28 / 2015-11-28
長さの目安約 35 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

己に打ち勝て
 さすればわかる
高みを目指せ
 自信を持つこと
最後に救われ
報われるのは
過ち悲しみ涙痛みに
生き抜いた者だ
ジェイムズ・アレン
[#改ページ]

まえがき

 本書『朝に想い、夜に省みる』へ選り抜くため、ジェイムズ・アレンの全著作を通読しているうち、私は、その1ページ1ページに真実味があると繰り返し何度も感じたものだった。誰もわからずとも、ほかならぬ私だけはこの作家のことを知っている。これまで長年、あらゆる姿の彼を見てきたのだ――仕事の時も余暇の時も、喜びの日も悲しみの日も、日だまりの中でも雲の中でも――だからこそ私はわかる、本書の文章が脳の空回りの産物でもなければ、他の本の孫引きでも寄せ集めでもない、自分の心に根ざした、しかるべき実感実体験があってのちに書かれたものなのだと。なればこそ、必ずやその言葉が使命を果たすはずと、このささやかな本をここに送り出そう――実体験に基づくからこそ心に迫るものがあるのだとして。毎日の瞑想に本書を用いれば、きっとその力を実感できるだろうし、幸せをその手につかめるはずである。それもやはり、本書がある人間の実体験から生まれたものであるからだ。
リリー・L・アレン
[#改ページ]

1日 朝

 幸せな人生のためにまず何をすればいいのか、ひとつには、普通に考えて当たり前のこと、誰しもがみな毎日やっていることをすればいい――つまり、その日の生活をしっかり始めることだ。ある意味では、毎日が新しい人生の始まりだとも考えられるし、そうすれば新たな気持ちで物を考えたり動いたり生きたりできるし、普段以上に元気で頭が働くかもしれない。すがすがしく朝支度ができれば、正しく一日を始められ、これが結果として気持ちよく、その日の課題や職務も自信たっぷりに取り組めるし、ひいてはその日一日が生き甲斐のあるものとなるだろう。
[#改ページ]

1日 夜

 何かを引き替えにしなければ、物事は進まないし、成し遂げることもできない。人が社会で成功できるかどうかは、獣じみた見境のない物の考え方をどれだけ捨てられるか、腰を落ち着けて自分の目指すところにどれだけ邁進できるか、やる気や自信をどれだけ強く持てるかで決まる。意識を高く持てば、勇気も出て正直にもなるし、正しい行いもできるようになり、さらにはその成功も大きなものになって、そうなれば成し遂げたことも人に認められ、後世に残るようなものにもなるだろう。
[#改ページ]

2日 朝

 考えが正しければ、その振る舞いも必ず正しくなる。行動が正しければ、生活も正しくなる。人生が正しければ、そこで必ず幸せになる。

心とは、人生を形作る力の大元である。
人とは心そのものであり、たえず思考を
道具として、自分の望むものを作りながら、
多くの幸せと多くの不幸せを生み出すのだ。
ひそかに考えても、その物事は現…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko