えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

堺へ帰らう
さかいへかえろう
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「ふるさと文学館 第三三巻 【大阪Ⅱ】」 ぎょうせい
1995(平成7)年8月15日
初出「明星」1949(昭和24)年10月
入力者大久保ゆう
校正者Juki
公開 / 更新2016-06-16 / 2016-03-04
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


「堺へいなう、堺へいなう」
深夜、安土城の庭から
奥の寝室に聞えてくる声
移し植ゑたばかりの
妙国寺の蘇鉄
毎夜のやうに言ふ

信長は手討にしなかつた
「あの蘇鉄を
堺へ帰してやれ」

話のついでに――
「晶子さん
あなたは堺へ帰りたいと思ひませんか」

「いいえ
よく出てきたと思ひます」

堺は古い街だ
古い街から
新しい人が生れた

晶子さんは、また
黙つて堺へ帰つてゐる

蘇鉄よ
私も、もう一度
堺へ帰らう



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko