えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

老境
ろうきょう
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「ふるさと文学館 第三三巻 【大阪Ⅱ】」 ぎょうせい
1995(平成7)年8月15日
初出「真賢木」金尾文淵堂、1943(昭和18)年
入力者大久保ゆう
校正者Juki
公開 / 更新2016-06-16 / 2016-03-04
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


吾老いぬれど
仙家に入らず
茶烟軽く
紅塵の裡に住む

柴門を守るは
吾家の月
竹窓に吹くは
隣家の風

人来れば
迎へて会ふ
人去れば
吾座にもどる

眠り足りて
夢なく
起きて
倦むことなし

昼には
昼に書くことあり
夜には
夜に語ることあり

世にあづけたる
わが寿は
時来らば
世に返さむ

草の生命は
わが生命より短く
樹の年輪は
わが年輪より多し

わが生命の一瞬
心眼明らかに
天人の五衰は
問はず



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko