えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

水の上
みずのうえ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「ふるさと文学館 第三三巻 【大阪Ⅱ】」 ぎょうせい
1995(平成7)年8月15日
入力者大久保ゆう
校正者Juki
公開 / 更新2016-06-02 / 2016-03-04
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


中央公会堂の赤煉瓦
緑青色の高裁のドーム
中洲の葉柳をかすめて
とび去る水中翼船の渦巻から
ムツとするような水苔の匂い。
ついさつきまで
ランチ・タイムを愉しんでいた
BGやホワイト・カラー達も
みんな今は引き揚げていつてしまい
あとには
濡れ手で銭勘定の
貸ボート屋ののどかな浮世哲学。
上げ潮にむつかしい家裏をみせた川魚料理の
昼もほのぐらい煤天井に
うららかな水かげろうの文
軒場に張り出した
巣箱のようなエア・コンの上に
かえりそびれた
新聞社の伝書鳩が
ちよこなんと一つ
そろそろ夕刊の
降版の時間だというのに。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko