えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

踊る一寸法師
おどるいっすんぼうし
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「江戸川乱歩全集 第3巻 陰獣」 光文社文庫、光文社
2005(平成17)年11月20日
初出「新青年」博文館、1926(大正15)年1月
入力者金城学院大学 電子書籍制作
校正者門田裕志
公開 / 更新2017-04-29 / 2017-04-18
長さの目安約 16 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より

「オイ、緑さん、何をぼんやりしてるんだな。ここへ来て、お前も一杯御相伴にあずかんねえ」
 肉襦袢の上に、紫繻子に金糸でふち取りをした猿股をはいた男が、鏡を抜いた酒樽の前に立ちはだかって、妙に優しい声で云った。
 その調子が、何となく意味あり気だったので、酒に気をとられていた、一座の男女が一斉に緑さんの方を見た。
 舞台の隅の、丸太の柱によりかかって、遠くの方から同僚達の酒宴の様子を眺めていた一寸法師の緑さんは、そう云われると、いつもの通り、さもさも好人物らしく、大きな口を曲げて、ニヤニヤと笑った。
「おらあ、酒は駄目なんだよ」
 それを聞くと、少し酔の廻った軽業師達は、面白そうに声を出して笑った。男達の鹽辛声と、肥った女共の甲高い声とが、広いテント張りの中に反響した。
「お前の下戸は云わなくったって分ってるよ。だが、今日は特別じゃねえか。大当りのお祝いだ。何ぼ不具者だって、そうつき合いを悪くするものじゃねえ」
 紫繻子の猿股が、もう一度優しく繰返した。色の黒い、脣の厚い、四十恰好の巖乗な男だ。
「おらあ、酒は駄目なんだよ」
 やっぱりニヤニヤ笑いながら、一寸法師が答えた。十一二歳の子供の胴体に、三十男の顔をくっつけた様な怪物だ。頭の鉢が福助の様に開いて、らっきょう型の顔には、蜘蛛が足を拡げた様な、深い皺と、キョロリとした大きな眼と、丸い鼻と、笑う時には耳までさけるのではないかと思われる大きな口と、そして、鼻の下の薄黒い無精髯とが、不調和についていた。青白い顔に脣だけが妙に真赤だった。
「緑さん、私のお酌なら、受けて呉れるわね」
 美人玉乗りのお花が、酒の為に赤くほてった顔に、微笑を浮べて、さも自信ありげに口を入れた。村中の評判になった、このお花の名前は、私も覚えていた。
 一寸法師は、お花に正面から見つめられて、一寸たじろいだ。彼の顔には一刹那不思議な表情が現れた。あれが怪物の羞恥であろうか。併し、暫くもじもじしたあとで、彼はやっぱり同じことを繰返した。
「おらあ、酒は駄目なんだよ」
 顔は相変わらず笑っていたが、それは咽喉にひっかかった様な、低い声だった。
「そう云わないで、まあ一杯やんなよ」
 紫繻子の猿股は、ノコノコと歩いて行って、一寸法師の手を取った。
「さあ、こうしたら、もう逃がしっこないぞ」
 彼は、そう云って、グングンその手を引っぱった。
 巧みな道化役者にも似合わない、豆蔵の緑さんは、十八の娘の様に、併し不気味な嬌羞を示して、そこの柱につかまったまま動こうともしない。
「止せったら、止せったら」
 それを無理に紫繻子が引張るので、その度に、つかまっている柱が撓って、テント張りの小屋全体が、大風の様にゆれ、アセチリン瓦斯の釣ランプが、鞦韆の様に動いた。
 私は何となく気味が悪かった。執拗に丸太の柱につかまっている一寸法師と、それを又依怙地に引き…

えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko