えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

天涯から来たる色
てんがいからきたるいろ
原題The Colour Out of Space
著者
翻訳者枯葉
文字遣い新字新仮名
入力者枯葉
校正者
公開 / 更新2017-03-15 / 2017-01-20
長さの目安約 202 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より

 West of Arkham the hills rise wild, and there are valleys with deep woods that no axe has ever cut. There are dark narrow glens where the trees slope fantastically, and where thin brooklets trickle without ever having caught the glint of sunlight. On the gentle slopes there are farms, ancient and rocky, with squat, moss-coated cottages brooding eternally over old New England secrets in the lee of great ledges; but these are all vacant now, the wide chimneys crumbling and the shingled sides bulging perilously beneath low gambrel roofs.
 アーカム市街の西方には急峻(きゅうしゅん)な丘が連なり、谷間谷間には斧鉞(ふえつ)の打ちこまれたことのない深い森が広がっている。暗い峡谷に入り込めば、木々が斜めに傾ぐさまは幽谷(ゆうこく)の趣、渓流は、水面の綾波(あやなみ)に華を添える陽の目を見るもあたわず、か細く流れ下っていく。丘では傾斜が緩やかな区域ごとに農場が見受けられ、いずれも岩がちな地形に開かれた昔ながらの牧園の態であり、そこに座す苔むした平屋のコテージは、大岩棚を背に、ニュー・イングランド初期の秘密をとこしえに守り抜かんという構えを見せている。だが今は、そのいずれにも住み手がなく、幅広の煙突は風化しはじめ、壁を葺(ふ)く板も、軒の低い駒形屋根に押しつぶされて危うげにたわんでいる。
 The old folk have gone away, and foreigners do not like to live there. French-Canadians have tried it, Italians have tried it, and the Poles have come and departed. It is not because of anything that can be seen or heard or handled, but because of something that is imagined. The place is not good for imagination, and does not br…

えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko