えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

短歌
たんか
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「宮本百合子全集 第二十九巻」 新日本出版社
1981(昭和56)年12月25日初版
初出「宮本百合子全集 第二十九巻」新日本出版社、1981(昭和56)年12月25日
入力者柴田卓治
校正者土屋隆
公開 / 更新2009-04-02 / 2014-09-21
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




 少し、読みためたのを、人に見てもらう。
 母は、万葉調のが上手で、十一の時から詠んで居たから、流石に巧い。
 私のとは、まるで気持が違う。
 自分でよんで、自分でうっとりする様な歌は、どうしても、まだ未熟な私には、出て来て呉れない、それが口惜しい。
 どうにでもうまく一つやらねばならないと思うと、じいっと座って居られない様な気持になって来る。
 雑誌をよんだり、短歌集を引き出して見たりしても、どうしても、ハーッと思う様なのが見つからない。
 情ない様な気がする。
 腹が立った様な気持になって、さっきまで、何となし気が軽くて、母に甘ったれたり、笑ったりして居たのに、もうすっかり気が重くなって、只、短歌の事ばっかり考えて居る。
 何も彼も、そう熱中しないでもよさそうではあるけれ共、どうせ、少し真似事位出来るなら達者になりたいと思う。こんな事にでも私の人にまけたくない気持が現れる。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko