えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

秋の夜
あきのよる
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「宮本百合子全集 第二十九巻」 新日本出版社
1981(昭和56)年12月25日初版
初出「宮本百合子全集 第二十九巻」新日本出版社、1981(昭和56)年12月25日
入力者柴田卓治
校正者土屋隆
公開 / 更新2009-03-30 / 2014-09-21
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より




月そそぐいずの夜
揺れ揺れて流れ行く光りの中に
音もなく一人もだし立てば
萌え出でし思いのかいわれ葉
瑞木となりて空に冲る。

乾坤を照し尽す無量光
埴の星さえ輝き初め
我踏む土は尊や白埴
木ぐれに潜む物の隈なく
黄朽ち葉を装いなすは
夜光の玉か神のみすまるか
奇しき光りよ。

常珍らなるかかる夜は
[#挿絵]燿郷の十二宮
眼くるめく月の宮
瑠璃の階 八尋どの
玉のわたどの踏みならし
打ち連れ舞わん桂乙女
うまし眉高く やさめの輝き
長袖花をあざむけば
天馳つかい喜び誦し
山祇もみずとりだまも
ともに奏でん玉の緒琴 箏の笛

妙なりや秋の夜
心ゆく今の一とき
久遠劫なる月の栄え
讚えんに言の葉も得ず
いずのみお我辺かこむ。



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko