えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

右門捕物帖 三十番手柄 帯解け仏法
うもんとりものちょう さんじゅうばんてがら おびどけぶっぽう
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「山中貞雄作品集 全一巻」 実業之日本社
1998(平成10)年10月28日
入力者野村裕介
校正者伊藤時也
公開 / 更新2000-03-09 / 2014-11-12
長さの目安約 28 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

右門捕物帖 三十番手柄 帯解け仏法 寛寿郎プロダクション(サイレント)

原作   佐々木味津三
脚色     山中貞雄
撮影    吉田清太郎
監督     山中貞雄
キャスト
むっつり右門     嵐寛寿郎
おしゃべりの伝六  頭山桂之助
あばたの敬四郎    尾上紋弥
おふみ       山路ふみ子
兄伊吉       市川寿三郎
生島屋太郎左衛門   玉島愛造
敬四郎女房 お兼   別府花子
生島屋の娘 お類   泉 清子
敬四郎乾分 松公   嵐寿之助
奉行         嵐徳三郎
結城左久馬      春日 清
村井庄兵衛      菊本久男
[#改ページ]
1=(F・I)呉服屋生島屋太郎左衛門の表
 表の暖簾。娘のお類さん乳母をつれて今御出掛けです。乳母が履物をそろえてる間に彼女帳場の方をちらと見ます。手代の伊吉が忙しそうにそろばんを弾いている。

2=表
 お類その儘出て行きます。入れ違いにあばたの敬四郎の妻女お兼さんが店へ入ります。
 「いらっしゃいませ」と手代の伊吉。

3=生島屋の附近
 川端で土蔵の白壁が見えて居て柳の木が一本ある。お類此処まで来て立ち止る。人待ち顔。

4=生島屋店先
 お兼さんの前に伊吉反物を色々並べます。
 お兼中年増の図々しい、いやらしさで伊吉を見ます。余りしげしげ見られるんで伊吉一寸テレます。

5=附近
 お類待ってます。乳母に「お前見といで」と言ってます。

6=生島屋表
 お兼さん買物を済まして出て行きます。
 乳母が戻って来ると伊吉が得意先でも廻る恰好で出て来る。
 乳母が「早く」と目顔で……伊吉急ぎ足に近づく。乳母が「待ってらっしゃいますよ」と言って置いて日傘を取りに店へ戻る。背後の板塀に戯書がある。相合傘の下に、
 いきち、おるい
 その戯書の大写からO・Lして、

7=元のお類の待っていた処
 お類と伊吉のラブシーンです。
T「あんたとの事兄さんに話したら」
 とお類です。伊吉が、
T「許して下さいましたか?」
 お類が、
T「兄さんは、あんたの妹さんをお嫁に欲しいんだッて」
 えッと伊吉、
T「御主人様がおふみを?」
 伊吉返答に困った。
T「そうしたら妾をあんたのお嫁さんに呉れてやるって」
 伊吉困った。
 乳母が日傘持って帰って来た。伊吉それと見て話をやめる。お類が、
T「妹さんと相談しといてね」
 と乳母と共に去る。その前を一人の娘が通り掛った。
 よウ似てるけど、と言った顔で立ち止りました。
T「兄さんじゃ無い?」
 へッと伊吉。
 「おふみか?」
T「何考えてんの?」
 と伊吉、
 「いや何でも無いさ」
 その傍を通り掛かったお侍、結城左久馬(相当大身である)。供の若侍二人を見返って「あの女」と言う。おふみの事である。美人じゃ喃と言った顔で見惚れた。
(F・O)

8=(F・I)と…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko