えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

夫人探索
ふじんたんさく
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「夢野久作全集3」 ちくま文庫、筑摩書房
1992(平成4)年8月24日
初出「探偵趣味」1927(昭和2)年3月
入力者柴田卓治
校正者江村秀之
公開 / 更新2000-07-04 / 2014-09-17
長さの目安約 4 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

       一

「百万円あったら、ああしよう……こうしよう」
 と空想していた青年中村芳夫は、思いもかけぬ伯母の遺産を受け継いで一躍百万長者になった。
 芳夫は早速数万円を投じて素破らしい邸宅を建てた。そこに美姫と、美酒と、山海の珍味を並べて、友達を集めて昼夜兼行の豪遊をこころみたために、百万円は瞬く間に無くなって、些なからぬ借財さえ出来た。その抵当に邸宅を取られた彼は、再びもとの通りの無一物になってしまった。

       二

「不思議だ。奇怪だ。不可解だ。百万円を得ない前の自分と、失った後の自分との間には何等の相違もない。空想の百万円と実物の百万円とは、使用した結果から見ると全く同じものであった。おお百万円よ。お前は何のために自分に天降ったのか。何故にかくも無意義に自分から消え去ったのか。おお百万円よ。お前はどこへ行った」
 芳夫は腕を組んでこう考えた。識っている限りの人々にこの疑問を提出して解決を求めた。

       三

 山本という社会学者は云った「百万円をお前から奪い去ったのは、百万円自身である。お前が識ったことではない」
 松井という法律学者は云った「お前自身がお前から百万円を奪い去ったのだ」
 村上という心理学者は云った「お前の百万円を奪ったものはお前の心の中に居る。お前の心の奥に隠れて、人知れずニヤニヤ笑っている」
 又空誉という高僧はこう説いた「百万円は無くなっていない。お前の心の中にチャンと隠されている。その百万円を取り返すには、お前から百万円を奪った、その心を探し出して殺して終うのが一番だ。そうすれば百万円の金は、自然とお前の身に帰って来る」
 最後に万象という占断者はこう判じた「これは天地否という卦です。自然の事を自然の順序に考えて行くと、万事が否定的のフン詰まりになるという、実に不可思議な玄理をあらわした形です。すべての順序を逆にして、考えて行って御覧なさい。地天泰という卦になって一切が泰らかに解決されてゆきます」

       四

 芳夫は思案に余ったあげく、高山という名探偵を訪問して一切の経過を打明けて頼んだ。
「僕の百万円を奪った奴を見付け出して下さい。百万円を取り返して下さい。成功すれば謝礼としてその半額を呈上します」
 名探偵は快よくうなずいた。
「どうか葉巻を一本吸う間待って下さい。考えますから」

       五

 葉巻が短かくなると、高山名探偵は窓の外へ投げ棄てた。組んでいた腕を解いて、事もなげに微笑した。
「百万円を奪った犯人は、あなたの心のほかに居ります」
 芳夫は愕然とした。無言のまま眼を輝やかして一膝進めたが、名探偵は依然として微笑を続けた。
「それは一人の若い女性です。しかも非常な美人で、学識といい、心操といい、実に申分のない処女です」
 芳夫は思わず叫んだ。
「それはどこに居りますか…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko