えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

ふるさと
ふるさと
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「沖縄文学全集 第1巻 詩Ⅰ」 国書刊行会
1991(平成3)年6月6日
初出「琉球新報」1909(明治42)年6月6日
入力者坂本真一
校正者良本典代
公開 / 更新2016-11-16 / 2016-10-28
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


無言
常によく見る女なれど、
心の欲を云ひいでむ、
また、語るべき機会もなく、
胸もどかしく、過ぎゆくか。

実にも二人がその中は、
砕けちりしく花硝子――
夕日の国の寂寥に、
絡みて沈む香の色。

せめては夢にその女と、
微笑つくる嬉れしさを、
ふかき思ひに抱きしめ、
無言の恋をくちづけむかな。


移香
ながき黒髪のその中に、
あやしく匂ふまなざしの、

たゆたひつゝもしなやかに、
見つむる色の、不思議さよ。

花毛氈の草のへに、
彩羽うちふる、楽の譜か、

姿すゞしく、移香の、
やをら心にしみいりて、

愛の泉にゆあみする、
新らしき、吾が酔ひごゝち。


真昼
子守唄、静かにうかび、
平安の木かげの夢を
ゆりさます、真昼のまひる。
吾れは今、椰子の実こぼる
南の、森をしたひて

草にふし、豆の葉とりて、
恋愛の、一つにもゆる
唇に、曲折りかへし、
若かき日の、心うたひぬ。


屠牛
嘯き吼ゆる黄牛よ、
目路にかゞなふ、屠殺場を
知るやしらずや、あな哀れ、
ものおぞましき足どりに、
牧場の草を、いでたちぬ。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko