えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

樹木とその葉
じゅもくとそのは
副題10 冷たさよわが身を包め
10 つめたさよわがみをつつめ
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「若山牧水全集 第七卷」 雄鷄社
1958(昭和33)年11月30日
入力者柴武志
校正者浅原庸子
公開 / 更新2001-05-03 / 2014-09-17
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




冷たさよ
わが身をつゝめ

わが書齋の窓より見ゆる
遠き岡、岡のうへの木立
一帶に黝み靜もり
岡を掩ひ木立を照し
わが窓さきにそゝぐ
夏の日の光に冷たさあれ

わが凭る椅子
腕を投げし卓子
脚重くとどける疊
部屋をこめて動かぬ空氣
すべてみな氷のごとくなれ

わがまなこ冷かに澄み
あるとなきおもひを湛へ
勞れはてしこゝろは
森の奧に
古びたる池の如くにあれ

あゝねがふ
わが日の安らかさ
わが日の靜けさ
わが日の冷たさを



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko