えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

新女性のルポルタージュより
しんじょせいのルポルタージュより
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「宮本百合子全集 第十一巻」 新日本出版社
1980(昭和55)年1月20日
初出「女子文苑」1940(昭和15)年5月号
入力者柴田卓治
校正者米田進
公開 / 更新2003-03-13 / 2014-09-17
長さの目安約 4 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 集った原稿をよんで、生活のルポルタージュというものは案外むずかしいものであることを深く感じました。
 ごく主観的に自分の気持というものを自分の気持の内からだけ書いた感想のようなものが多いことも、現代の社会での若い婦人の生活について考えさせます。そういう文章は、なるほどこの人はこんな心持でいるということだけは分らせるけれど、ルポルタージュとして今日の社会に生きる一人の女性とその周囲とのいきさつを丸彫りに浮び上らせて来ないから、読んだ人がそこから自分と自分の周囲を考えるヒントを得て来ることも出来ないし、又、書いている人自身にしても、そのルポルタージュをかくことで自分の生活や気持を社会の関係のなかで見直したしかめてゆく助けにならせることも出来ないでしょう。
 生活記録というものは、自分とその周囲との生活や心持なりを、只私はこう思うという点で表現するばかりでなく、私がこう思って生きているのはどういう訳と条件があるからなのだろうか、というところまで考えて見て、書かれなければならないものだと思います。
   佳作三篇[#「佳作三篇」はゴシック体]
 (一)木枯。(奈良)  鷹美艶
 これは小学校の女先生の報告です。特別鋭い観察や感情があるわけではないが、自分の仕事のなかでめぐり会った一情景と感情とを社会の姿として描き出しているところが、一番まとまっていました。書き方が小品との区別を明かにしていないようなところがありますが、ルポルタージュとしては、もっと具体的にその小学校のある地域の特殊性などをはっきり書く方がいいと思います。
 所謂文学的な言葉のあやにかかずらう必要もないと思います。
 (二)母への報告(熊本)  中島敏子
 稚いけれども、母亡いのち一家のために役立とうとして暮している娘さんのひとすじの生活が語られています。
 こんな気取りのない調子で、いろいろ複雑な生活の観察も書かれたらルポルタージュとしてよいものが出来るだろうと思いました。
 (三)仕事場書き抜き  藤川睿子
 地方の町で洋服仕立屋をやっている娘の生活やその気持が出ていると思います。しかし、その率直な表現はよいとして筆者は生活に向ってゆく自分の勝気というものを自分でどう内省していられるでしょうか。それから又、年期を中途で去った弟子に対して怒る自分の心持を、仕立屋商売という立場の利害からせめてはいくらかなりともふみ出したところで見ているでしょうか、地方産業が守られる必要は当然ですが、弟子の動きをよしんばそれが間違っているにしろ若い弟子が時代の波に動かされる姿として観察することは出来なかったでしょうか。
 現代の世相に対してこのような自分の立場からの怒りだけを感じ、それを肯定して生活することは、人間としての心のゆたかさの点から一考されてよいでしょう。(井上澄江さんの「怒る日々」という文章も、この頃の人…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko