えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

巨男の話
おおおとこのはなし
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「ごんぎつね 新美南吉童話作品集1」 てのり文庫、大日本図書
1988(昭和63)年7月8日
入力者もりみつじゅんじ
校正者鈴木厚司
公開 / 更新2003-06-24 / 2014-09-17
長さの目安約 8 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 巨男とお母さんの住んでいたところはここからたいへん遠くのある森の中でした。
 巨男のお母さんはおそろしい魔女でした。ほら鷲のような高い鼻や、蛇のような鋭い眼を持ったあのおそろしい魔女でした。

 それはあるお月夜のことでしたよ。
 魔女と巨男がねむりについたころ、だれか家の外から戸をたたきました。巨男が起きていって戸をあけてみると、ふたりの女が、ひとりの少女をつれて立っていたのです。
「この方は、この国の王女様です。私たちは侍女なんです。今日、森へ遊びにお姫様をおつれ申しましたところ、道にまよってとうとうここへきてしまいました。どうか、今晩だけ宿をかしてください。」とひとりの女がいいました。
 すると、奥から、
「どうぞ、むさいところですが、ゆっくり休んでください。」と魔女がやさしい声でいいました。そこで三人は、中へはいって休みました。
 よく朝、巨男が眼をさましてみると、ふたりの女は、黒い鳥に、お姫さまは白鳥にかわっていました。それは、魔女が、魔法でそうしたのです。
 魔女は、巨男のとめるのもかまわず、三羽の鳥を、窓から投げ出してやりました。三羽の鳥は飛んでいきました。けれど、白鳥は、夕方になると悲しげに鳴いて魔女の家に帰ってきました。巨男は不憫に思って、こっそりと白鳥を飼ってやることにしました。昼間は野原へ放ってやって、夜は自分のベッドの中でねさせました。

 巨男が、大きくなるにつれて魔女は、だんだん年をとって、ついに動けなくなりました。それで、毎日ベッドの上に横たわって、息子の巨男に魔法を教えました。けれど、その魔法は、みな、人間を種々の鳥獣にかえるものでした。
 そのうちに、魔女はますます弱って、もう死にそうになりました。このときに、魔法をとく法を聞いておかねば、あの白鳥は、いつまでたっても、お姫様にかえれないと思ったものですから、巨男は、魔女の枕もとによって、
「いままで、お母さんは人間を種々の鳥獣にかえる法を教えてくださいましたが、まだ、魔法をとくことを教えてくれません。どうか教えてください。」とたのみました。
「では、教えましょう。」と、魔女はいいましたが、もう息もきれぎれで、声は蚊のようです。
「お母さん、はっきりいってください!」
 巨男は、魔女の口もとへ耳をもっていきました。
「その鳥獣が、涙を流せば、もとの姿にかえるよ……」これだけいうと、魔女は、頭をたれて死んでしまいましたよ。
 巨男は、死んだ魔女を白い棺におさめて、椰子の木の根もとにうめました。そして、すぐ白鳥をつれて森の家を出ました。
 巨男は、都へのぼろうと思いました。途中でどうかして、白鳥に涙を流させようとしました。頭をたたいたり、お尻をつねったりしたのです。けれど白鳥は、けっして一滴さえ涙を出しませんでした。ただ、悲しそうな声をあげたきりでした。おしまいには、かわいそう…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko