えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

空気男
くうきおとこ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「海野十三全集 第6巻 太平洋魔城」 三一書房
1989(平成元)年9月15日
初出「モダン日本」1937(昭和12)年1月~8月、10月~12月
入力者tatsuki
校正者Juki
公開 / 更新2005-02-17 / 2014-09-18
長さの目安約 10 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

   青い器械


「これでいい。もう今日から、わが家の門を堂々とくぐれるんだ」
 清家博士は、大きな鞄を重そうにさげ、いつもとは違い意気揚々と玄関へ入ってきた。
「誰? 御用聞きなら裏口へお廻り」
 と、奥から例によって家附娘のマス子夫人のヒステリックな罵声が聞えた。

 博士はいつもの習慣でビクッと、首を縮めたが、とたんに気がついて、ドンドン床を踏みならしながら、自分の部屋に入って、ピチンと錠を下ろした。
 重い鞄を実験台の上で開いて、中から取出したのは小型のラジオのような青色の器械だった。
 それには二本の長い線がついていて、端にはクリップがついていた。
 その一つで頭髪を、他の一つで靴の先を挟んで置いて、青色の器械のスイッチを押すと、ジジジーッという音がした。
 とたんに表戸を激しく打ち叩く妻君の声。
「コラッ丘一。なぜ扉に鍵をかけたッ、早く明けないと……昨日のお処刑を忘れたのかネ、お前さんは。よオし、もう妾ゃ堪忍袋の緒が切れた。鍵ぐらいなアんだッ」
 ドーンという荒々しい物音。
 妻君は太った身体をドシンドシンと扉にぶつける。錠前がこわれて、扉はポーンと明いた。
「チキショー、お前さん。……」
 と、勢いよく飛びこんでみたが、なんたる不思議、そこに居ると思った亭主清家博士の姿が見えない。


   博士夫人


「おンや、お前さん、どこへ隠れたのさあ」
 ファッショの妻君は、室内に入ると、清家博士の姿が見えないので、愕きかつ憤慨の態である。――しかし室内には、蠅一匹見えやしない。
「窓から飛び出したようにも見えないんだけれど……」
 妻君は窓のそばによって、硝子戸を上にあげた。
「ハ、ハッショイ。――」と、そのとき突然大きな嚏の音がした。
「おやおやおや、誰が噂をしたのだろう。妾しはたしか嚏をしないのに、外に誰がしたというのだろう。はてナ……」
 妻君の眼がギラギラ光り出した。
 そのときであった。妻君の頭髪を上の方へギューッと引張りあげたものがある。
「うわーッ、あいたあいたあいた。で、誰れ?」
 すると上の方で、猫が風邪をひいたようなしゃがれ声がした。
「コラ、女よ。わしは猫の神じゃ。お前の亭主は不都合なのじゃから、わしが連れてゆくぞや。オイ、窓のところを見ろ」
 妻君が、ハッと窓の方を見たときだった。風もないのに硝子戸がガチャーンと割れて、あとに大きな穴がポカリと明いた。キャーッ。


   夕立雲


 妻君は夫博士が猫の神にとうとう空気に変えられてゆかれてしまったものだと思いこみ、非常に恐怖にとらえられた。
 発明の古い器械で身体の見えなくなった博士は外に出て、洋服についている硝子の粉を払いながら、さてこれからどうしたものだろうと考えた。
「ウン、屋根の上で日向ぼっこでもしながら、これから先のことを考えよう」
 彼は屋根へのぼって、暖い瓦…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko