えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

地図に出てくる男女
ちずにでてくるだんじょ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「吉行エイスケ作品集」 文園社
1997(平成9)年7月10日
入力者霊鷲類子、宮脇叔恵
校正者大野晋
公開 / 更新2000-06-13 / 2014-09-17
長さの目安約 24 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 ゴシック式、絵画的な風景を背景にして香港の海の花園を、コリシャン・ヨット・クラブの白鷺のような競走艇が走る。一九二七年の寒冷なビクトリア港の静かな波間にオランダの汽船が碇泊すると、南方政府の逮捕命令をうけて上海を逃れた陳独秀が船着場に衰えた姿をあらわした。
 米良は空中滑走する、戦い疲れた陳独秀とビクトリア・カップよりセント・ジョウジ・プレースに至る山頂火車のなかで彼等は力なく握手して、空中の鏡の上にモーニング姿の印度人のイサックを発見するのであった。イサックもまた一先ず上海の東洋での黄色い手を棄てて孟買に帰る途中であった。英国の専制のなかに宙を乗った彼等がセント・ジョウジ・プレスから汕頭人の車夫に曳かれて、銅羅湾の火薬庫の挙壁を眺めながら石塘嘴の万国館に入るのであった。
 ここでターバンを巻いた印度人、皮膚の色褪せたペルシヤ人、半黒焼のマレー人、亡国的なポルトガル人などの群に交って北京を出発してから半ヶ月後、支那の現代のシステムに出現した支那女との恋を棄てて北京以来の友である陳子文と米良は病み疲れていた。武漢の共産軍が敗れ、上海の市街戦で同志は一掃され、ボロジンは九江より南昌に[#「南昌に」は底本では「南晶に」]隠れ、それ以前ボロジン夫人は密書とともに捕えられ北京の軍法会議に廻されたのであった。先人李石曹は何故か同志の実戦に参加しないで上海より広東に身を避けたのであった。それにも拘らずいまでは南京と広東の提携説さえつたわるに至った。工人を指導した陳独秀が、いまでは南京総司令の策略によって彼の首が無産者の弗箱に変わるのであった。
 ペルチスタンの印度兵の眼を避けて支那の裏面に磔つけにされた同志が、石塘嘴の不夜城に暗黒な心を抱いて一夜を明すのであった。

 夜が更けると、米良は陳子文とイサックを伴って電車路からクインス・スタチウの花園の附近にあるマダム・レムブルクの夜の家を訪れる。
 もとロスアンゼルスにいた奔逸なレムブルグは若い急進派の恋人を紐育のユニオン・スクエヤーで反動団体のために銃殺されてから港々に赤い花を生長さしたが、其後マルセーユのカバレット・トア・ズンドルの踊子附の美容師となり、後孟買から香港にやってきてレムブルグ美容院を開いて、豚毛と女の髪の毛を文咸街の取引所に提出して数年、彼女は近代の革命の顔と共産主義を奉ずる労働者の赤い顔を見知ってしまった。
 彼等はマダム・レムブルグの家でアングロ・サクソンの英諾威人、ケント族の仏伊人、スラブの露墺人、アイオニアンの血族希臘人の商人、オットマン帝国の土耳古人等と夜食を共にするのであった。彼女は彼等に貴族の末路を象徴するブカレスト生れの軽騎兵の肖像と、人間の過去のミイラと、女の踵を提供した。レムブルグ美容院で女の肉体を占領した同志は同時に自己の領地を外国に棄てたのであった。
 フィリッピン人のジャズ・バン…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko