えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

一九二三年夏
せんきゅうひゃくにじゅうさんねんなつ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「宮本百合子全集 第十八巻」 新日本出版社
1981(昭和56)年5月30日
初出「宮本百合子全集 第十八巻」新日本出版社、1981(昭和56)年5月30日
入力者柴田卓治
校正者磐余彦
公開 / 更新2004-05-04 / 2014-09-18
長さの目安約 17 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 標準時計
 福井
 地震と継母
 Oのこと
 mammy のこと
 aと自分



 ○祖父母、母、――自分で三つの時代の女性の生活気分と時代(明治初年、明治三十七八年――現今)に至るを、現したい。
          ――○――
 国男、山田さん位の青年の恋に対する心持、恋のしかた、と、娘のそれとの組み合わせ。
          ――○――
 放火犯の心持、
 寥しさに火をいじることから始り、心の寥しさが増すにつれて、大きな火をいじるようになる。
 火の透明な、暖い燃える色。
          ――○――
 Tさんの心持を思う。
 Kのあの冷淡な、実業家的の Matter of Fact の心持。
 TさんがKを愛して居るのに、この愛が素直に受け入れられず、その境遇を代えたいのに代える実力も同情者もなく、子供にしばられて、運命にすてばちになって居る心持。
 彼女が active に家のことをせず、成金くさくなって居るのは、憐れなふてくされ、と云えよう。
 情があって、頭のない女のあわれさ。
          ――○――
 中江さんの場合、
 彼女の快活そうな様子はどこから来るか。
          ――○――
 ○地震がひとに与えた大きな運命の狂いを背景として、いつも思って居た継母のことを書きたい。
          ――○――
 クリスツス。(christus) see. New Y. Times. Sep. 15, 1923
 Anton Lang と云う男 キリストに似たような顔と体、とくに肩つきに似て居ると云うので Passion Play のクリスになる。
 その顔の類似が精神に及ぼす影響。
 クリストへの愛、研究が深くなるにつれ、自分のキリスト的顔と、一村人としての性格との間の矛盾におそれを抱く。女達の崇拝する心持に対する自嘲、不幸な、苦しみ多き人間として生活するその内面を描いて見たい。

     ◎標準時計

 絶対に狂わず正確なもの と云う
 それを或日本の海軍将官が英国で買った。六年の間に一分進んだばかりなので、この次英国に行った時、店に行ってほめた。そしたら、六年の間に 例え 一分でも進むようなことがあったら、標準時計にはなりません。これは久しい間試験したのですからと云って、新らしい別なのと代えてくれた。
 この話を基ちゃんからきき、自分はそんなに正確な時計を持って居る人間が若し神経質だったら、どんなに恐ろしく、生命の粒のこぼれて行くのを感じるだろうと思った。
 始めそんなに正しいのを持ったよろこび。やがて不安。
 その心持は短篇にまとまる。
 ○時計で南北を知るには、直射光線にうつる短針のかげをかさね、十二時とそれとの中央を南とし、正反対を北。
 ○列車の速力は、二十二秒半にこすレールのつぎめの数が時数。
 ドイツに W…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko