えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

窓からの風景(六月――)
まどからのふうけい(ろくがつ――)
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「宮本百合子全集 第十八巻」 新日本出版社
1981(昭和56)年5月30日
初出「宮本百合子全集 第十八巻」新日本出版社、1981(昭和56)年5月30日
入力者柴田卓治
校正者磐余彦
公開 / 更新2004-05-13 / 2014-09-18
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




     晴

○しっかりした面白味のある幹に密生して いかにも勁そうな細かい銀杏の若葉。
○その窓からはいろいろな色と形との新緑の梢が見わたせた。
 その奥で普請がやられている
 金づちの音や木をひく音は朝から夕方まで響いた。屋根をくまれたりする新しい木の色は新緑と照り合って互にすがすがしさを増す眺望である。
○遠くの空にはあっちに一つ、こっちに一本クレーンがある。
 千駄木小学校と郵便局の立つの
   林町にクレーン[#挿絵]
〔欄外に〕
○八つ手、
○食べたいような柔かい柿の木の若葉
○房々とした楓、
 或楓の赤い実
○高い青空をはいて靡いている(東北の風に)さいかちの古い飾羽根のような梢。

     五月二十日 雨もよいの湿っぽい午後 五時前

 曇天の下に目の前の新緑はぼさぼさと見えた。
 大工の働いている新築の工事場で 全体の光景がいつもより手近に見え しめりをふくんで/しめっぽく[#「しめりをふくんで」と「しめっぽく」は2列に並ぶ] 新しい木の匂い、おがくず、かんなくずの匂が漂って来た。
○濃い新緑の間からトタン板が水っぽく光った。
〔欄外に〕
 遠いクレーンの頂上に一枚むしろだかズックの袋だかがとりつけられ、更に遠い空には薄あかい光をふくんだ灰色の雲の大きいかたまりがある、
○どういうわけか そこの雨戸の一番下の棧のところに特別ひどく泥がたまっていた。
 そこを念を入れてふいた。
○そこの手すりは北向なので冬じゅうひどい風や雪にいためつけられていた。何年もそういう風なまま放っておかれた。そこを○子は拭き その上につやふきんをかけ そして 腰をおろして 変っていく隣家の庭の様子を見下すのであった。

     雨の日の正午

 となりの工事場が全くひっそりして。
 雀の声、チュ チュ 雨はやんでいる
 正午のサイレンがなったと思うと
 珍しく どこかで寺の鐘の音が二つした
 すると 大観音の方で 一つ……もう一つ。
 不思議な音の錯綜
   毎日 鐘はついていたのかしら?

 曇天の新緑の幾重にも深い
 色の変化ある繁みを眺めていると細かい雨が
 空から降って来るより先
 その繁みの間から霧のように
 ふいて来そうに感じられた。
 それ程 空気は重くて
   しめっぽかった。



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko