えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

明治人物月旦(抄)
めいじじんぶつげったん(しょう)
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「明治文学全集 92 明治人物論集」 筑摩書房
1970(昭和45)年5月30日
入力者Nana ohbe
校正者川山隆
公開 / 更新2008-02-21 / 2014-09-21
長さの目安約 329 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

   公爵 伊藤博文

     個人としての伊藤侯と大隈伯

 伊藤侯と大隈伯とは當代の二大政治家なり、隨て其人物に對する批評の紛々たるは亦此侯と此伯を以て最も多しとす。是れ其の個人としての性格未だ明かならざるに由る。故に之を觀察して甲乙性格の異同を對照するは實に多少の趣味なからんや。
 概していへば、伊藤侯と大隈伯とは互ひに相似たる所之れなきに非ず。才を愛し士を好むは相似たり[#挿絵]辭令に嫻ひ談論に長ずるは相似たり[#挿絵]莊重にして貴族的姿致あるは相似たり[#挿絵]博覽多識にして思想富贍なるは亦相似たり[#挿絵]然れども同中固より異質なくむばあらじ。
 大隈伯の思想は經驗より結撰し來る[#挿絵]故に其の開展するや歸納法の形式を具ふ[#挿絵]伊藤侯の思想は讀書より結撰し來る[#挿絵]故に其の開展するや演繹法の形式を具ふ[#挿絵]大隈伯固より讀書を嗜む[#挿絵]然れども抽象的理論よりも寧ろ具象的事實を貴ぶ[#挿絵]伊藤侯固より經驗を非認せざる可し[#挿絵]然れども侯の得意とする所は寧ろ學理に在りて事實に存せじ、是れ其の均しく博覽多識なるに拘らず、一は最も經濟に精しく、一は最も立法に長ずる所以なり。
 伊藤侯は公卿華族の如く、大隈伯は大名華族の如し[#挿絵]故に莊重の中に優美を寓するは伊藤侯にして、莊重にして且つ豪華なるは大隈伯なり[#挿絵]伊藤侯は威儀を修めて未だ雋俗ならず[#挿絵]大隈伯は偉觀を求めて終に閑雅の風に乏し[#挿絵]大隈伯に逢ふものは、其の敬す可くして狎る可からざるを思ひ、伊藤侯に接するものは、其の悦ぶ可くして畏る可からざるを感ず[#挿絵]是れ其の均しく貴族的姿致あるに拘らず、一は武骨を以て勝ち、一は文采を以て優る所以なり。
 伊藤侯の辭令は滑脱婉麗にして些の圭角なし、以て夜會の酬接に用ゆ可く[#挿絵]大隈伯の辭令は機鉾鏃々として應答太だ儁、以て戰國の外交に用ゆ可し[#挿絵]其の言を發して情致あるは伊藤侯の長所にして、其の語を行ること奇警なるは大隈伯の妙處なり[#挿絵]若し夫れ談論滔々として竭きざるの概に至ては、未だ遽かに軒輊し難きものありと雖も、伊藤侯の音吐朗徹聲調抑揚あるは、演壇の雄辯として大隈伯に優ること一等[#挿絵]唯だ精明深刻舌端に霜氣あり、座談久うして益々聽者を倦ましめざるは是れ寧ろ大隈伯の特絶にして、其の一たび佳境に到れば、眉目軒昂英氣颯爽として滿座皆動く[#挿絵]故に大隈伯の雄辯は對話に適し、伊藤侯の雄辯は公會に利あり。
 才を愛し士を好むに於て、伊藤侯と大隈伯とは共に他の元勳諸公に過ぐ[#挿絵]故に其の門下生に富むも亦實に當代に冠たり[#挿絵]然れども伊藤侯の愛好するものは、柔順御し易きの徒に非むば巧慧※[#「にんべん+鐶のつくり」、3-下-27]薄の輩多し[#挿絵]大隈伯は然らず、伯は唯だ人を智に取りて其の清濁を論ぜず[…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko