えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

風邪をひいたお猫さん
かぜをひいたおねこさん
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「日本児童文学大系 第二六巻」 ほるぷ出版
1978(昭和53)年11月30日
初出「子供之友」婦人之友社、1933(昭和8)年2月
入力者菅野朋子
校正者noriko saito
公開 / 更新2011-06-27 / 2014-09-16
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


 あるところにお猫さんとそのおかみさんがありました。それはそれは立派なおヒゲをもつてゐたので、二人は自慢でしやうがありません。毎朝、起ると、すぐに鏡の前へ行つて、そのヒゲに油をつけて、それを毛織の切れでよくみがきました。まるで、そのヒゲはナイフのやうに光りました。
 けれども、二人があんまり自慢するので、初めのうちは、
「まあ、御立派なおヒゲでございますこと。」と会ふたびに言つてゐたお友達も、このごろでは、腹を立てて、何とも云つてくれません。
「ねえ、此頃はどうしたものか、誰もこの立派なおヒゲをほめなくなつたが、一体、どうしたもんだらう。」と、お猫さんはおかみさんに言ひました。おかみさんは、
「あんまり、きれいに光りすぎるのでまぶしくつて、誰の目にも見えないんでせうよ。お日様みたいにね。」と言ひました。
「ぢや、今日から、少し汚しとかうね。さうすりや、誰の目にもつくからね。」とお猫さんは言ひました。
 汚くなつたおヒゲを見て、お友達は言ひました。
「まあ、おヒゲが大変おきたなくなりましたこと。」
 二人は口惜しくつて、涙が出ました。そしてすぐにお家へ帰つて、けんくわをしました。
「お前は何といふ馬鹿なおかみさんだ。僕はすつかり恥をかいてしまつたよ。」
 お猫さんはどなりました。おかみさんは泣きました。
 しかし、けんくわをしてゐてもつまりません。二人は、もつともつと人の目につくやうにするのにはどうしたらよいかと相談しました。五時間も考へたあげ句、お猫さんはかう言ひました。
「さあ、早く行つて、かみそりを買つておいで! 身体の毛をそるんだ。そしたら、立派なおヒゲが、もつともつと目に立つから。」
 おかみさんはかみそりを買つて来ました。二人はいたいのを我慢して、身体の毛をそり落しました。そして鏡を見ました。
「ああ、何て、私たちのおヒゲは立派なんでせう。」とおかみさんは言ひました。お猫さんは、
「どんなもんだい、僕の考へのよさは……」と言ひも終わらないうちに、
「ハクシヨ――ン」と、くしやみをしました。
 二人はその場で風邪をひきました。そして、毛の生えそろふまで、病院へ入院しました。
 何故といつて、外では雪が降つてゐるといふ時候でしたからね。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko