えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

タネリはたしかにいちにち噛んでいたようだった
タネリはたしかにいちにちかんでいたようだった
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「ポラーノの広場」 新潮文庫、新潮社
1995(平成7)年2月1日
入力者久保格
校正者鈴木厚司
公開 / 更新2003-08-24 / 2014-09-17
長さの目安約 11 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 ホロタイタネリは、小屋の出口で、でまかせのうたをうたいながら、何か細かくむしったものを、ばたばたばたばた、棒で叩いて居りました。
「山のうえから、青い藤蔓とってきた
  …西風ゴスケに北風カスケ…
 崖のうえから、赤い藤蔓とってきた
  …西風ゴスケに北風カスケ…
 森のなかから、白い藤蔓とってきた
  …西風ゴスケに北風カスケ…
 洞のなかから、黒い藤蔓とってきた
  …西風ゴスケに北風カスケ…
 山のうえから、…」
 タネリが叩いているものは、冬中かかって凍らして、こまかく裂いた藤蔓でした。
「山のうえから、青いけむりがふきだした
  …西風ゴスケに北風カスケ…
 崖のうえから、赤いけむりがふきだした
  …西風ゴスケに北風カスケ…
 森のなかから、白いけむりがふきだした
  …西風ゴスケに北風カスケ…
 洞のなかから、黒いけむりがふきだした
  …西風ゴスケに北風カスケ…。」
 ところがタネリは、もうやめてしまいました。向うの野はらや丘が、あんまり立派で明るくて、それにかげろうが、「さあ行こう、さあ行こう。」というように、そこらいちめん、ゆらゆらのぼっているのです。
 タネリはとうとう、叩いた蔓を一束もって、口でもにちゃにちゃ噛みながら、そっちの方へ飛びだしました。
「森へは、はいって行くんでないぞ。ながねの下で、白樺の皮、剥いで来よ。」うちのなかから、ホロタイタネリのお母さんが云いました。
 タネリは、そのときはもう、子鹿のように走りはじめていましたので、返事する間もありませんでした。
 枯れた草は、黄いろにあかるくひろがって、どこもかしこも、ごろごろころがってみたいくらい、そのはてでは、青ぞらが、つめたくつるつる光っています。タネリは、まるで、早く行ってその青ぞらを少し喰べるのだというふうに走りました。
 タネリの小屋が、兎ぐらいに見えるころ、タネリはやっと走るのをやめて、ふざけたように、口を大きくあきながら、頭をがたがたふりました。それから思い出したように、あの藤蔓を、また五六ぺんにちゃにちゃ噛みました。その足もとに、去年の枯れた萱の穂が、三本倒れて、白くひかって居りました。タネリは、もがもがつぶやきました。
「こいつらが
 ざわざわざわざわ云ったのは、
 ちょうど昨日のことだった。
 何して昨日のことだった?
 雪を勘定しなければ、
 ちょうど昨日のことだった。」
 ほんとうに、その雪は、まだあちこちのわずかな窪みや、向うの丘の四本の柏の木の下で、まだらになって残っています。タネリは、大きく息をつきながら、まばゆい頭のうえを見ました。そこには、小さなすきとおる渦巻きのようなものが、ついついと、のぼったりおりたりしているのでした。タネリは、また口のなかで、きゅうくつそうに云いました。
「雪のかわりに、これから雨が降るもんだから、
 そうら、あん…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko