えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

『人形の家』解説
『にんぎょうのいえ』かいせつ
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「人形の家」 角川文庫、角川書店
1952(昭和27)年8月15日
入力者土屋隆
校正者松永正敏
公開 / 更新2008-07-01 / 2014-09-21
長さの目安約 35 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

       一

『人形の家』の作者ヘンリック・イブセン(Henrik Ibsen)は西暦千八百二十八年三月二十日、ノールウェーのスキーンといふ小都會に生まれ、千九百六年五月二十三日、七十九歳で同國の首府クリスチアニアに死んだ。彼れの生涯中三十七歳から六十三歳まで、人生の最盛期二十七年間は、本國に意を得ないでドイツ、イタリア等に漂泊の生活を送り、『ブランド』以下『ヘッダ・ガブレル』に至る十餘篇の劇をそのあひだに作つた。彼れの著作目録は、
『カチリーナ』(Catilina--1850)
『勇士の墓』(Kjaempeh[#挿絵]jen=The Warrior's Tomb--1851)
『ノルマ又は政治家の戀』(Norma eller en Politikers Kjaerlighed=Norma or a politician's Love--1851)
『聖ジョンの夜』(Sancthansnatten=St. John's Night--1853)
『オェストラアトのインゲル夫人』(Fru Inger til Oestraat=Lady Inger of Oestraat--1857)
『ゾルハウグの饗宴』(Gildet paa Solhaug=The Feast at Solhaug--1857)
『オラフ・リリヱクランス』(Olaf Liljekrans--1857)
『ヘルゲランドの海豪』(Haermaedene paa Helgeland=The Vikings at Helgeland--1858)
『戀の喜劇』(Kjaerlighedens Komedie=Love's Comedy--1862)
『僣望者』(Kongsemnerne--The Pretenders--1894)
『ブランド』(Brand--1866)
『ペール・ギュント』(Peer Gynt--1867)
『青年同盟』(De Unges Forbund=The League of Youth--1869)
『皇帝とガリリア人』(Kejser og Galiloeer=Emperor and Galilean--1873)
『社會の柱』(Samfundets St[#挿絵]tter=The Pillars of Society--1877)
『人形の家』(Et Dukkehjem=A Doll's House--1879)
『幽靈』(Gengangere=Ghosts--1881)
『人民の敵』(En Folkefiende=An Enemy of the People--1882)
『鴨』(Vildanden=The Wild Duck--1884)
『ロスメルスホルム』(Rosmersholm--1886)
『海の夫人』(Fruen fra Havet=The Lady f…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko