えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

海島冒険奇譚 海底軍艦
かいとうぼうけんきたん かいていぐんかん
副題04 序
04 じょ
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「海島冒険奇譚 海底軍艦」 名著復刻日本児童文学館、ほるぷ出版
1975(昭和50)年10月
初出「海島冐險奇譚 海底軍艦」1900(明治33)年11月15日
入力者川山隆
校正者土屋隆
公開 / 更新2009-10-16 / 2014-09-21
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




方今宇内の列國爭ふて海軍海事の發達に汲々たるは何ぞや、他なし、制海の權を握りて、國家の威福を伸張せんとするにあり、思ふに帝國は世界無二の海國なり、國威を宣揚し、國益を増進せんと欲せば、宜しく海上の權力を收め、海運の發達を計り、貿易の興隆を勉めざる可からず、而して、此目的を達するの道、國民の海事思想を奬勵するより急なるはなし、頃日、押川氏一書を著し題して海底軍艦と云ふ、其着想奇逸にして、結構また雄偉、閲讀の際、自ら海事思想を養ひ、憂國の精神を皷舞するに足るものあり、余深く其發刊を喜び、一言を記して、之が序と爲す。

伯爵 吉井幸藏



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko