えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告


ゆめ
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「普及版 原民喜全集第一巻」 芳賀書店
1966(昭和41)年2月15日
入力者蒋龍
校正者伊藤時也
公開 / 更新2013-05-01 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


 彼はその女を殺してしまはうと決心しながら、夜更けの人足も薄らいだK――坂を登ってゐた。兇器にするか、何にするか、手段はまだ考へてゐなかった。が、その烈しい憤怒だけで、彼は女の首を完全に絞めつけることが出来さうだった。
 ふと彼は考への途中で、夜店の古本屋の爺さんを何気なしに眺めた。爺さんは一人ほくほくしながら店をしまってゐた。人のいい、実に和やかな笑顔が彼を見た。爺さんは今何が嬉しいのだらう、しかし彼も同時に何だか知ら胸の裡が嬉しくなった。彼は穏かに下宿に帰って睡た。

 その夜、彼は爺さんの夢を見た。爺さんはニヤニヤ笑ひながら、「俺は知ってるぞ、君はあの女を殺す気だね。」と何度も繰返し繰返し云った。目が覚めると、彼の脊筋はじっとりと冷汗に濡れてゐた。
 翌日の夕方、彼はまたふらふらとK――坂を登って行った。恰度夜店が出る時刻で、昨日の爺さんも同じ処で古本を並べてゐた。彼は爺さんを一目見るや否や、わーと泣き出したい衝動に駆られた。が、兇器は夢中で爺さんの脇腹を抉ってゐた。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko