えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

初期詩篇
しょきしへん
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「二十歳のエチュード」 角川文庫、角川書店
1952(昭和27)年6月30日
入力者蒋龍
校正者伊藤時也
公開 / 更新2010-10-25 / 2014-09-21
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


天外脱走

日輪は遠く逃げゆく
有明けの天上ふかく
日輪は遠ざかりゆく
仰ぎ見よ暁闇の空
罪びとの涙もしるく
薄冥の雲間に凍り
日輪は遠く消えゆく
一九四三・十二・三十一
[#改ページ]

海に眠る日


    海に溶け込む太陽だ   ランボオ

かれは真昼の海に眠る。
茫洋たる音楽のみどりに触れあう はるかな
蜃気楼の奥深くかれは眠る
あふれる香髪のみだれ巻いて溺れるあたり
とおく水平線の波間にさ青の太陽は溶けこむ。
そうして はるばると潮の流れる耳もとちかく
かれは一つのなつかしい言葉をきく
お兄さん! お兄さん! お兄さん……

ああ こんな恍惚の夢のような日は
どこの海辺で待っているのか
昭和十九年五月三十一日向陵時報
[#改ページ]


小唄

水のほとりに立てば
こころなぐさむ
わがうらぶれの姿さえ
やさしげにうかみいづるを

(注) 「隅田川のほとりに立ちて清岡学兄と共に歌える小唄」。原稿なし。清岡卓行の記憶による。一七九ページ(注)五参照。清岡卓行については略年譜および一八七ページ(注)四参照。


断片

俺の涙が出ないから
お前を一つひっぱたいて
お前の落とす涙に酔おうと
そう思って俺は――
(エチュード[#挿絵]・十七歳の詩)

…………
ひとり怒りに耐え
かの遠き秋をゆかむ。
…………
(エチュード[#挿絵]・十八歳の詩)
…………
夜明けの海はまだ暗く
夢の中に 幻の城は聳えていた
…………
(エチュード[#挿絵])
(注)「暁の使者」の断片。原詩は次の「永劫への旅」と共に一高同窓会雑誌『枯葉』に投稿、同誌は校正刷りのまま戦災に遇い、原稿は散佚した。

かつてはおれの胸の中にも 驕りの花はひらいていた。
かつてはおれの額の上にも
勇ましい流浪のあらしは吹き荒れていた、
(エチュード[#挿絵]・「永劫への旅」より)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko