えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

大叫喚
だいきょうかん
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「文豪怪談傑作選・特別篇 百物語怪談会」 ちくま文庫、筑摩書房
2007(平成19)年7月10日
入力者門田裕志
校正者noriko saito
公開 / 更新2008-10-15 / 2014-09-21
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




 これも、矢張メリケン幽霊だ。合衆国の桑港から、国の中央を横切っている、かの横断鉄道には、その時、随分不思議な談もあったが、何分ロッキー山の山奥を通過する際などは、その辺何百里というもの、全く人里離れた場所などもあるので、現今でもあまり、いい気持のしないのである。この鉄道が、まだ出来た当時などは、その不完全な工事の為めに、高い崖の上に通っている線路が脱れたり、深い谿谷の間に懸っている鉄橋が落ちたりして、為めに、多くの人々が、不慮の災難に、非命の死を遂げた事が、往々にあったのだが、その頃に、其処を後から汽車で通過すると、そんな山の中で、人家の無い所に、わいわいいって沢山の人々が集っているのが、見えるのだ。機関手は再三再四汽笛を鳴らして、それに注意を与えるが、彼等は一向平気で、少しもそこから去らないから、仕方なしにまた汽車を動かして、其処を通って行くと、最早彼等の姿は、決して人の眼に映らないが、何処からともなく、嫌な声で、多くの人々の、悲鳴するような叫喚が、山に反響して雑然と如何にも物凄く聞えてくるので、乗客は恐ろしさに堪えず、皆その窓を閉切って、震えながらに通ったとの事である。その当時は、よくこんな出来事があったものだと、私は或米国人から聞いたのである。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko