えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

翻訳に就いて
ほんやくについて
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「鴎外全集 第二十六卷」 岩波書店
1973(昭和48)年12月22日
初出「現代二十名家文章作法講話」東京萬卷堂、1914(大正3)年12月
入力者岩澤秀紀
校正者染川隆俊
公開 / 更新2009-11-26 / 2014-09-21
長さの目安約 3 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

      翻譯上の謬見

 此本に是非翻譯に就いて何か書いてくれと云ふことである。予を翻譯者の中の主な一人だと思つてゐるものと見える。さうかと思ふと、一方には予の翻譯は殆皆誤譯だとして、予に全く翻譯の能力がなく、予の翻譯に全く價値がないと言ひ觸らしてゐるものもある。
 近頃は翻譯書と云ふ翻譯書を予の家に持ち込んで、序文を書かせることが流行る。何の縁故もない人が皆持ち込んで來るのである。中には衆愚がお前の序文に信頼するから不本意ながら書かせるのだと明言する人もある。又文字や假名遣を一々世間並の誤字、假名遣に改めた上で載せる人もある。或は想ふに此種の序文注文人と彼誤譯指[#挿絵]者とは同一人であることもありさうである。
 予の翻譯の疵病として指[#挿絵]してある箇條を見るに、なる程と頷かれることは極て希である。小説脚本の翻譯は博言學的研究とは違ふ。一字一字に譯して、それを排列したからと云つて、それで能事畢ると云ふわけではない。故らに足した語を原文にないと云つて難じたり、わざと除いた語を原文にあると云つて責めたりしても、こつちでは痛癢を感じない。

      「ノラ」の實例

 近頃予のノラの譯文に就いて云々した人がある。其中の尤も滑稽なものを二三話さう。
 ノラがクリスマスの木を持たせて歸る男を、予は「傳便」と書いた。それは誤で、昔「小走」と云つたもの、今の西洋の messenger boy の事だと、心得顏に教へて貰つた。所が messenger boy を我國で早く有してゐた都會は九州の小倉で、そこに始て傳便の新語が生じたのである。一體小倉は妙な所で、西洋で Litfass の柱と云ふ廣告柱なんぞも、日本では小倉に一番早く出來た。小走とは何か、予は知らない。江戸には昔使屋と云ふものがあつたが、それは傳便とは違ふ。
 予はノラの家の「前房」と云ふことを書いた。これは廊下のやうになつてゐる所だ、玄關前の小座敷だ、玄關だと教へて貰つた。しかもそれが諾威の家ではと丁寧にことわつてある。前房が廊下のやうになつてゐることは、西洋諸國皆さうである。前房と云ふ語は大抵どの國にもあつて、予は二三十年來同一の意味に使つてゐる。前房への戸を玄關への戸と書けと教へては貰つたものの、こいつは少しをかしい。一體玄關とは禪寺の門ださうだ。人家では正面の入口である。玄關の戸はあつても、玄關への戸はあるまい。又玄關の前の小座敷も一人合點の語である。

      飴玉とマクロン

 ノラの食べる菓子を予はマクロンと書いた。それを飴玉と書けと教へて貰つた。これなんぞにはあつとばかりに驚かざることを得ない。Almond を入れた Macron は大きいブリキの罐に入れたのが澤山舶來してゐて、青木堂からいつでも買はれる。西洋の女がマクロンを食ふ場合と、日本の子供が飴玉を食ふ場合との相違はどの位…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko