えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

トヨタ電気自動車試作
トヨタでんきじどうしゃしさく
副題――副社長豊田喜一郎氏抱負を語る――
――ふくしゃちょうとよだきいちろうしほうふをかたる――
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「豊田喜一郎文書集成」 名古屋大学出版会
1999(平成11)年4月15日
初出「モーター」1939(昭和14)年11月号
入力者sogo
校正者川山隆
公開 / 更新2008-11-09 / 2014-09-21
長さの目安約 3 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 愛知縣擧母トヨタ自動車工業株式會社では我國の燃料資源に適合した最も經濟的な自動車を製作して好評を博してゐるが同社研究所に於ては益々國策に順應した自動車を製作せんとデイゼル・エンヂンを完成し中型乘用車を試作し、我國自動車界に一大センセーシヨンを捲起してゐる矢先に今又蓄電池自動車の製作が發表された。副社長豐田喜一郎氏は同車の研究經過に關し次の如く語つた。
「我國は常に燃料問題に困つて居るが天然の水力を利用した水力電氣は比較的發達してゐるのであるから夜間に使用する電力を貯蓄して動力乃至は燃料資源窮乏に備へる必要があります。故佐吉翁が上海に於て紡績事業を經營して居た當時米國への移民が禁止されたるを非常に憤慨して「何とか日本人の力を以て經濟的に諸外國に打勝つ事を考へねばならぬ、それには日本の水力を利用してその電力を蓄電しこれを海外に輸出するか、これを飛行機自動車等に利用しなければならない」と語つた事がありますが大いに蓄電池の改良を痛感し帝國發明協會に百萬圓を出して蓄電池研究の懸賞金としたのであります。
 其後各方面で此研究に相當力を入れて部分的には可成り改良されたものもあるが劃期的大改良と云ふものは未だ現れないのであります。總て發明と云ふものは思ひも寄らぬ所から生れるのであつて、日本人の一人でも多くが蓄電池の發明研究に注意を怠らぬ樣にするのがこの懸賞金の目的の一つであります。それ以來毎年の審査會に於て蓄電池の改良進歩したものが出來つゝあるが、平常に自動車に採用して經濟的なりと認められるものは中々困難でありました。
 一方發明協會では百萬圓の利子を以てトヨタ研究所を作り各種の蓄電池を研究してゐたが、この研究を委託された拔山博士は私の學友でありまして其後の研究經過を伺ひましたところ非常な好成績を示して居ることを聞いて喜んでゐる次第であります。
 總て斯樣な種類のものは實驗室内に於て實驗的に作つてゐるのでは本當の研究は出來ないので或程度は思切つて大量に作り實用に供さねばならない然る後に欠點を順次に改良して行くべきであります。此處に於て當社は從來の研究の結果、相當の冒險であつたけれども蓄電池自動車の電池を作つて見た所、結果は比較的早く改良されて東京芝浦に蓄電池試作研究所を作る事に致しました。
 又發明協會に於ては從來の化學者が絶對に不賛成であると云ふ點を拔山博士が或る理由に基き試驗して見た所、從來のものより一割程度輕く、振動に強く而も短時間の大きな放電に良い特性を持つた優秀なものが出來る樣になりました。今囘當社は帝國發明協會から蓄電池製作の權利を讓り受け、蓄電池製作を開始すると同時に、全然新しい設備によるモーター及びシヤシーの製作を開始いたしました。勿論この蓄電池を以て最後のものとせず、今後益々研究せねばなりませんが、現在の非常時局に際しガソリン節約の點からも多少なりとも實…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko