えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

探偵小説思い出話
たんていしょうせつおもいでばなし
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「甦る推理雑誌2 「黒猫」傑作選」 光文社文庫、光文社
2002(平成14)年11月20日
初出「ぷろふいる」1946(昭和21)年7月
入力者鈴木厚司
校正者山本弘子
公開 / 更新2010-05-20 / 2014-09-21
長さの目安約 6 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 新青年ではじめて探偵小説の懸賞募集をやったのは昭和何年であったか、戦災による罹災で書籍や参考記録の一切を焼いてしまった私の手元では、今はっきりと判らないが、何でも枚数は五十枚、賞金は一等五百円であったかと思う。
 その時故人夢野久作さんの『押絵の奇蹟』と私の『窓』が当選した。この発表にさきだって応募作品全部の題名と作者の氏名が発表されたが、何でも応募総数は四百編位であったと思う。ところが、その応募者総覧のなかに私の氏名が見当らぬ。郵送の途中紛失したものか、或は編輯部でどこかにまぎれこんでしまったものか、私は作品に折角自信を持っていただけに残念でたまらず、直接編輯部へ書面で問合せたところ森下雨村氏から返事があって「貴作は優秀作として入選している、応募者総覧に漏したのは作品を名古屋在住の選者小酒井不木氏に送付後あの総覧を作ったので題名と、作者名が判らず出たら目の名で編輯を終ったものである」との返事に接した。
 一等に相当する作品がなく夢野さんと私のものが何れも二等ということで賞金を半分ずつ貰ったと覚えている。私の『窓』がさきに選者の感想と共に発表された。江戸川乱歩氏が大変に私の作を支持して下さって相当の高点を与えて下さったが甲賀三郎氏がずいぶんシンラツで選者中一等点が辛かったと記憶している。甲賀氏と云えば氏と私に就て、も一つこれに似たことがあった。それは読売新聞で一五〇回の小説を懸賞募集したことがあり、それに応募した私の作品に対し選者白井喬二氏が相当の高点を与えて支持されたに反しやはり選者であった甲賀三郎氏の点が非常に辛かったため遂に落選の憂目を見たことがあった。私の『窓』に続いて翌月の「新青年」に夢野久作さんの『押絵の奇蹟』が載った。この作品を見たとき私は全く驚いてしまった。賞選作としては私の『窓』が第一席ということになっていたのであるが、私の作なぞとても足もとにも寄れぬ優れた作品で、その時すでに私は夢野さんが大作家の質を備えて居られることを感じ恐れをなした次第であった。次で「新青年」で同時当選した者として一度手紙でも出して見ようかと幾度も思ったのであったが、作品から受けた私の「オジケ」た気持がそれをなし得ず一度の文通もせず氏は故人となられた次第である。
 新青年を中心とする思い出は、なかなか多いのであるが、なお思い出の多いのは「ぷろふいる」である。故人となった加納哲が、熊谷さんが探偵雑誌を出そうと言っていられるがどうだろうとの相談を受けたとき、到底長続きはすまいと思ったが、加納哲が少くとも一年は絶対にやめないと熊谷さんが言って居られるというので、それではということになり関西在住の探偵小説作家に支援を乞うて、いよいよ創刊号を出すことになり四條の八尾政で創刊記念の会を開いた。その時集った人達は西田政治さん、山下利三郎さんを筆頭に十人ばかりであったと記憶する。加…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko