えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

呑み込み八百長
のみこみやおちょう
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「日本の名随筆 別巻2 相撲」 作品社
1991(平成3)年4月25日
入力者浦山敦子
校正者noriko saito
公開 / 更新2015-01-29 / 2014-12-15
長さの目安約 4 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 八百屋の長兵衛といふ男が、伊勢の海五太夫と、お座なりの碁をうつて、強いくせに負けて御機嫌を取つたといふ事が、八百長といふ相撲社会の隠語を生んだ。この社会にはいろ/\の隠語があるけれど、八百長といふのが一番ウマイ言葉に出来上つてゐる。これを相撲道以外の事に流用しても据りのいゝ感じがする。
 所で八百長の始りは、双方が別段妥協をしておかないで、強い方が加減をしてあしらつてゐる御機嫌取りの方法だつたが、それが又気持が変つて、強い方が弱い方と妥協して置いて、拵へ勝負をするのが八百長となつた。所が又更に転化して、強い同志が妥協して置いて、拵へ勝負をすることも八百長といふ事になつた。然るに又進んだ方法として、双方が妥協をして置かずに、お互の気分を呑込み合つて、拵へ勝負をするやうな八百長が現はれることになつた。従つて広い意味で社会万般の事に応用される八百長は、呑込み流の形式に拠るものも少くないやうである。
 さて、八百長相撲について、私の実見上、所謂呑込流の八百長と感じたのは、大正十年の五月場所第二日目、東幕内力士小野川と、西幕内力士の安蘇ヶ嶽とが引分相撲を取つた時であつた。これが立上ると新入幕の小野川((後の大関豊国))が、十分な差手を差勝つて居るにも拘らず、一向勝身に出て行かない。安蘇は一生懸命に喰ひ下つてはゐるが、これも後生大事と守勢を固めてゐる。而も安蘇の下手褌は一枚でなくても、二枚でも三枚でも手が掛けられる程になつてゐるが、それも有利に進めて行かない。この立合は所謂『呑込流』の八百長臭が多量に見えた。果して検査役の入間川は、明敏な人であるから、容易に水を入れてやらない。この相撲は凡そ十分位はヤンワリと揉んでゐたやうである。安蘇ヶ嶽の方が非常な疲れ方で気の毒に感じられて来たが、見物側からも半畳が入りかけたので、入間川も遂に水入引分を宣言させた。
 それは明かに八百長と認めて、懲戒処分の長立合を強行させたのである。あとで入間川検査役が洩した言葉に『言葉道断ですよ』と嘆声を発してゐるを考へても、『呑込み八百長』はすぐ看破されるに決つてゐるのだ。兎角此種の八百長は、私的関係の親密さから、土俵で顔が合ふトタンに、双方の妥協気分から、無条件な呑込み方をやるのが多いらしいのである。又最近の話であるが、幕下十両の好力士清美川が、たしか同格の峰幟と立合つた時のやうに思ふ――非常に両力士は奮闘した。これは動きすぎる位動いて、危い所を残し合つたりして水が入つた。それから再度の番ひになつて、又両力士は大乱戦をやつて、見物は非常なる得心を以て、兎も角も一先づ引分をと希望したが、検査役は平気で散々に活躍させた上、遂々勝負をつけさせて仕舞つた。此結果が負けた清美川に取つて、何だか不憫な様に思はれた。元来現今の制度として、引分廃止の根拠といふものは、八百長防止を第一義としてある。従つて八百長…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko