えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

僕は兄さんだ
ぼくはにいさんだ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「定本小川未明童話全集 10」 講談社
1977(昭和52)年8月10日
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者仙酔ゑびす
公開 / 更新2012-06-08 / 2014-09-16
長さの目安約 4 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

「お母さん、ここはどこ?」
 お母さんは、弟の赤ちゃんに、お乳を飲ませて、新聞をごらんになっていましたが、義ちゃんが、そういったので、こちらをお向きになって、絵本をのぞきながら、
「さあ、どこでしょう。きれいな町ですね。義ちゃんも大きくなったら、こんなところへいってごらんなさい。」と、おっしゃいました。
「お母さん、この大きなお魚は、なんというの?」と、義ちゃんが、またききました。お母さんは、
「このお魚ですか。これは、たらといって、北の寒い海にすんでいるのですよ。」と、おっしゃいました。義ちゃんが、お父さんから買っていただいた、絵本をねっしんに見ていますと、もうお乳をたくさん飲んだ赤ちゃんは、こちらを見て、不思議そうな顔つきをして、きれいなご本を見ていましたが、かわいらしい手を出すと、ご本をしっかりとつかんでしまいました。
「お母さん、たいへん、僕の大事なご本を繁さんが、取ってしまった。」と、義ちゃんは、わめきました。
 お母さんは、びっくりして、どうかして、小さな繁さんの手をご本から離させようとしましたが、なんといっても繁さんは、はなしませんでした。
「いい子だから、義ちゃん、すこしかしておいてくださいね。いまじきにはなすから。」と、お母さんは、おっしゃいました。
 繁さんは、ご本をめずらしそうにながめていましたが、そのうちこれをお口に入れてなめようとしました。
「あ、お母さん、なめますよ。僕、もうきたなくしちゃったからいやだ。」といって、無理にそのご本をひったくりました。すると、今度、赤ちゃんは、大声を上げて泣き出してしまいました。お母さんは、お困りになりました。
「さあ、チンチンゴーゴーを見てきましょうね。」と、泣き叫ぶ、赤ちゃんを抱いて立ち上がられました。
「お母さん、どこへゆくの?」と、義ちゃんは、もはやご本どころではありません。それよりも、やはりお母さんといっしょに、電車を見にゆきたかったのです。
「繁さんが、きげんを悪くしたから、すこし外へつれていってくるのですよ。あなたは、お家に留守をして、ご本を見ていらっしゃい。」と、お母さんは、おっしゃいました。
 義ちゃんは、自分がわるくないのに、なぜこんな結果になったのだろう。ご本を見ることよりは、お母さんとごいっしょに、外へいってみたほうが、どれほどおもしろいかしれぬと思いましたから、
「いやだ、僕もいっしょにゆくんだよ。」と、義ちゃんは、泣き出しそうになりました。
「困りましたね。じゃ、あんたもいっしょにいらっしゃい。ご本をちゃんとしまっておいでなさい。」と、お母さんは、おっしゃいました。
 外へ出ると、冬の日は、暖かそうに枯れ草を照らしていました。ある家の横を通ると、前の圃にさくがしてあって、鶏がたくさん遊んでいました。
 もう、お母さんに抱かれている、小さい弟の繁さんも、後からついてきた、義…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko