えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

予が本年発表せる創作に就いて
よがほんねんはっぴょうせるそうさくについて
副題努力の不足を痛感す
どりょくのふそくをつうかんす
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「牧野信一全集第一巻」 筑摩書房
2002(平成14)年8月20日
初出「新潮 第三十七巻第六号(十二月号)」新潮社、1922(大正11)年12月1日
入力者宮元淳一
校正者門田裕志
公開 / 更新2011-07-17 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


 今年は、ほんの短いものまで数へて四篇位ひしか発表しなかつた。書いたのも略同様だつた。「気持」に囚はれて、ついそれをあくどくして了ふのがいけない。様々な意味で努力の足りなかつたことを痛感する。「妄想患者」といふのは今迄書いたものゝうちでも一番長いものだから、いつも繰り返す失敗を可成り注意したつもりだが感じた。だが割合に少なかつたとは思つてゐる。これに就いて見た批評は武林、古賀、武藤、木内、下村の諸氏だつたが、どれにも別段不快はなかつた。武藤君の言葉のうちに、主人公以外の人物が描けてゐないといふのがあつたが、それは斯する処があつてさうしたのだが、さう云はれるのも無理もなかつたと思ふ。決して不快も不満も感じたわけではなかつた。――とにかく自分は努力が足りなかつた。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko