えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

Hasty Pudding
ヘイスティー プディング
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「牧野信一全集第三巻」 筑摩書房
2002(平成14)年5月20日
初出「新文学準備倶楽部 第一巻第二号(七月号)」新文学準備倶楽部、1929(昭和4)年7月1日
入力者宮元淳一
校正者門田裕志
公開 / 更新2011-08-28 / 2014-09-16
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


(或時私は、菓子のことに就いて人に問はれた時、次のやうな返答を誌したことがある。たしか、おとゝしあたりの夏で田舎住ひを余儀なくされてゐた私であつた。)
     ――――――――――
 菓子のこと?
 おゝ、さうだ! ある! こんな話で好かつたら僕にも――。
 ミセス・Nは、十余年前からの僕の極めて親しい友達なのであるが、五六年前に自国へ戻り、賢いミセスになつてからは、僕の妻とのみ主に文通を交してゐる。
 僕は屡々判読の相談で、妻からNの手紙を示されるのであるが、僕の健気な妻はNへの手紙の度に、ミセス・N流の最も簡単な料理や菓子の作り方に就いて余程熱心な質問を発してゐると見へて、Nの手紙の、二伸の個所に僕は度々如何にも彼女が恥らひと苦笑をもつて誌したかのやうな筆致で、だが何時も忠実に応答してあるのを見出すのである。
 二三、多くの手紙の中から、説明の個所は主に省略して、抜き出して見ようか――。

POP OVERS
――(Two cups of flour, sweet milk, two eggs, one teaspoonful of milk, and salt, bake in cups in a quick oven 15 minutes; serve hot with a sweet sauce.)
FLANNEL CAKES
――(……略)
POTATO GRIDDLE
――(twelve large potatoes, one or two eggs and……略)
HASTY PUDDING
――(……略)
RICE WAFFLES
――(……略……beat the eggs well, separately and add the stiff whites of all.)

 悉くの手紙から抜萃すれば数十種に及ぶであらう。
 だが吾家では、これらのものはおろか何んな類ひの菓子すらも決してつくられた験しはないのだ。見ることも喰ふこともない料理や菓子の製法を学んで僕の妻は何うするつもりなのだらうか、僕は知らない。せめてもの想ひで僕の妻は菓子作りの夢を見て楽しんでゐるのか? 大酒喰ひの、甘も辛も滅茶苦茶の、味知らずの、何も知らない悪食者を夫にした妻の、可憐なる秘かの道楽なのであらうか?



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko