えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

小熊秀雄と藤原運
おぐまひでおとふじわらうん
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「槇村浩詩集」 平和資料館・草の家、飛鳥出版室
2003(平成15)年3月15日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-05-25 / 2015-03-08
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


サガレン。絶北の植民地。―――こゝに小熊秀雄かつて行商の鍬と共に放浪し
数年後藤原運またショベルを携えて徘徊した

小熊秀雄は自然を最もよく背后の凹影に見た
藤原運は自然を最もよく前面の凸影に見た

小熊秀雄は社会を痴呆せる自然の背后におしかくした
藤原運は社会を麻痺せる自然の前面におしすゝめた

小熊秀雄は生来の饒舌でしゃべりにしゃべりまくった
藤原運は労働者の簡素さでけんそんに語った

小熊秀雄は自然弁証法の詩人だった
藤原運は唯物弁証法の詩人であるだろう

小熊秀雄は時代の誤りを持つが故に多く愛され
藤原運は絶対に正しいが故に少く愛された
だが、ルンペンの愛が少数のプロレタリアートの愛に替え難いとしても、わたしらは時として寂しい
なぜなら、わたしの内にあるいくたのサガレンを正しく、そしてもっと多く世界に伝えることは、同志藤原の任務だから



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko