えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

眺望する
ちょうぼうする
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「萩原朔太郎全集 第三卷」 筑摩書房
1977(昭和52)年5月30日
入力者kompass
校正者小林繁雄
公開 / 更新2011-08-31 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


すべては黒く凍つてゐる
さびしくかたまる岩の上に
みじめに歪んだ松の幹に
景色は凍え、飢ゑ、まづしく光つて叫ぶばかり。

この侘しく灰色なる空の下に
私たちの心はまづしく語り 孤獨になやみて重たくよりそふ
少女よ
あの遠い空の雷鳴をあなたは聽くか
かしこの空にひるがへる
浪浪の高いひびきをあなたは聽くか。

過去よ
ながいながい孤獨の影よ
その影を岩にひきずる
冬の日の薄暗い濱邊に立つて
意味のふかい人生を見る。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko