えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

結党の焔
けっとうのほのお
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・38 プロレタリア詩集(一)」 新日本出版社
1987(昭和62)年5月25日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-07-10 / 2015-06-12
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


誰が 資格審査を反動政府に頼むだか?
結党は労働者農民の決心だ!

四月十日に胸の党員章を外したけれど
労働者と農民を解散出来るか!

「合法」とは奴らのものだ
被圧迫民衆の生計は「非合法」だ。

幾人が横腹に泥靴を喰い肉を裂き
血にむせびつつ虚空を掴むだか……

警察の調書と暗黒裁判の判決書を
結党の焔もて焼きすてろ!

地主の倉と立入禁止の立札を
結党の焔もて焼きすてろ!

出兵要求権を兵卒の銃剣でくすぐる日まで
罷業権は血に塗れて進まねばならぬ。

若しも 政府の涙雨が降ったならば
油に滲むだ仕事着を焔の中に……

未だに党員証を破らぬ俺達の胸に
デモをたたみこむで結党大会へ――
(発表誌不詳 一九二九年七月戦旗社刊『一九二九年版日本プロレタリア詩集』を底本)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko