えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

動員令
どういんれい
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・38 プロレタリア詩集(一)」 新日本出版社
1987(昭和62)年5月25日
初出「プロレタリア文学」1932(昭和7)年4月作品増刊号
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-08-07 / 2015-08-29
長さの目安約 3 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

耳の奥底に唐人笛飴屋の幼い想出
連隊の奴隷達は夢の中で枕を外した

激しい夜風とあれ狂う喇叭の号音
――非常呼集だ

丘の黒い建物は真夜中に眼ざめた
丘の兵隊屋敷は点々と燈火を燦めてゆく

不寝番は雀躍してバタバタ駆けまわった
息をきらしても叩き起すのは愉快だ

態あみろ 起きろ! 起きろさ
起きるよ…… うるせい!

週番司令あ誰奴だ?
俺あ 不服だぞお……

周章てて起きた初年兵の寝台の上に
不寝番は疲れ不貞腐れて寝込むだ

初年兵の左手は軍衣袴の釦をいじめ
一年兵の上靴を並べて匍いまわる

二年兵は不精不精起きあがる
二年兵は不機嫌にどなりちらす

この頓間野郎!
銃なんかもちだすなあ 火災だ

初年兵はビックリして直立不動の姿勢
けっ! この一銭五厘奴!

初年兵はオドオドして銃床に返す
再び 不動の姿勢で二年兵を注目する

早くでろ! 何をしてるか
階上廊下で兵器曹長が喚いている

隣の班からぞろぞろ押しあえ犇めく
不寝番は微かな鼻鼾をたてている

兵舎内の燈火をよぎり人影が乱れる
真夜中の営庭に約二千の兵員が並んだ

寒い…… 日給十八銭も辛いな
非常呼集なんて勿体つけるなあ真平御免よ

第二中隊 気をつけい……
改った兵器曹長の号令が鼻毛を擽ぐる

軍刀をがちゃつかせて週番司令が来た
連隊週番下士が弓張提灯で随行だ

第二中隊 現在百三十八名異状なし
報告を鼻でうなずき週番司令は隊列を巡る

こらッ きさまの睾丸類は満開じゃ
寝呆奴! 軍帽を忘れたんかあ

廻れ右いッ これは尻尾か ああ?
その兵! 阿弥陀に被っとる ああ?

休め!
気をつけい!

休め! ハキハキしろ!
気をつけい!

命令を達する
当連隊に動員下令 要員の出発は十九日だ

瞬間! 兵卒達の後頭部が異様に騒めく
(まさか? 俺は行くまい……)

休め……
気をつけい!

諸子はみな忠良類なき陛下の臣だ
出征希望の者は三歩前へ出ろ!

兵卒達は直立不動のまま頑強に応えぬ
深夜の土に凍てついたか動かなかった

兵卒達の胸に生々しい予告が蠢めく
予言の主は軍法会議に縛されているのだ

奴は莞爾とビラを撒き手渡した
この手はビラを掴みこの眼は読んだ

白襟に縛され黒襟に衛られてゆく朝
奴のものいえぬ眼は俺らの心臓を刺した

ビラは判然と語った
戦争は少数者の利潤を守る殺人行為だ

週番司令は口髭を顫わせて罵りだした
大尉の三角の眼は焦々しく燃えだした

きさまらは…… 日本軍人か
チャンコロが怖いのか うッ

三歩前に曹長や軍曹伍長が恐縮している
兵卒達は無言の儘 暗い前方を睨んでいる

奴は怒りっぽく優しかった
演習休止の時 誰彼も奴と煙草を吸った

奴の頭脳は俺らの教科書 小説だった
奴の思想を尊び上官を号令蓄音機と見做した

奴の言葉 奴の行動
俺の身体に刻まれた疼きをおぼえ…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko