えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

おれの飛行船
おれのひこうせん
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・38 プロレタリア詩集(一)」 新日本出版社
1987(昭和62)年5月25日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2016-01-15 / 2015-12-24
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


おれは白蟻のように噛み切ることはできない
おれは飛行機のように軽快に空を飛ぶことはできない
だが脳髄の中の空間に飛行船を遊歩させることはできる
現在の頁を空白に削りとられた者の前には
明日の希望が堂々と逍遥し始める
のぞき窓からのぞき込む鋭い二つの目も
希望の青空を漂泊するおれの飛行船を
のぞき得ないし、捕らえ得ないし、投獄し得ない。
おれの希望の青空に昇るのは
工場の烟突と凍え飢えた野良にかがやく太陽だ
(獄中から大沼渉宛書簡一九三一年二月四日付 『陀田勘助詩集』を底本)



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko